スポンサーリンク

波動パターンの考察 – エリオット波動 基本編(2/3)

その1(1/3)の続きです。

スポンサーリンク

エリオット波動のパターン

 上図は理論的に描かれる、基本的かつ理想的なエリオット波動のパターンですが、類似形もよくマーケットで見受けられます。

 この項では個人的にではありますが、エリオット波動として認められるようなパターンを3例説明します。

※基本的に上昇エリオット波動で説明しますが、下降エリオット波動でも同様のパターンが見受けられます。

第3波と第5波の高値が揃っているパターン

 第3波でつけた高値を第5波で到達した直後に下落するパターンです。

 場合によっては厳密には到達していないというようなこともあるかもしれませんが、それでも第5波として認めればエリオット波動が成り立つ場合があります。

第4波以降がレンジになっているパターン

 第3波と第5波の高値が揃っているだけでなく、以降の調整三波も比較的揃っているパターンです。

第4波以降がウェッジになるパターン

 これをエリオット波動と認めるのは難しいですが、上図のような例もあります。

 「エリオット波動は幻想」、「エリオット波動を考えたところで無駄」と考える人が多く見受けられるのは、これらのような波動も全てエリオット波動で説明づけようとするからかもしれません。

エリオット波動を知らなくてもトレードは成り立つ

 以上比較的見られる3例を紹介しましたが、結局の所、エリオット波動を知らなくてもその他パターンを知っていることで相場をパターン化し、トレードを図ることは可能です。

 ただ、エリオット波動まで覚えておくと、実質調整1波の中で仕掛け・利確が完結していたトレードが、その先にある調整3波まで見越せるようになり、より大きな波をとらえることで利益を伸ばすことができる…という可能性を秘めていると考えます。

エリオット波動とその他波動の関係

 完成されたチャートからエリオット波動を描くことは簡単ですが、エリオット波動が形成されていく過程を現在進行系で想定することは難しいかもしれません。

 しかし、頻出するその他の波動と組み合わせて考えると、波動のスタートや終了のタイミングを掴むことができると考えます。

 この項では、エリオット波動と結びつきが深いと考えられる波動と、その関係について説明します。

エリオット波動とダブルトップ(ダブルボトム)

 上の項でも挙げましたが、第3波と第5波の高値が揃った形がダブルトップとなり、第5波から調整1波に移る際にダブルトップにおけるトレード戦略が成立する可能性が考えられます。

 ただし、調整1波での仕掛けは長期的な目線で見ると逆張りになるため、下位時間足でタイミングを図り仕掛ける形が基本になります。

 また上図の場合では、ネックラインまでプルバックした調整2波のあとの3波目(c波)で売りを仕掛けられるかもしれません。

 下降エリオット波動の場合、ダブルトップでなくダブルボトムとして同型のパターンが考えられます。

エリオット波動とチャネル

 上図は説明のため、だいぶん都合よく波動を引いてますが、推進波と調整1波まではチャネルを形成し、チャネル内を推移しているパターンはよく見受けられます。

 上図では調整1波目(a波動)でパターンブレイクし、調整3波目(c波)でパターンブレイクプルバックをしていますが、この場合だと、c波はエリオット波動をあわせて考えると比較的狙いやすいパターンに見えます。

エリオット波動とウェッジ

 これも上の項で説明していますが、推進4波以降がレンジとなり、ウェッジを形成するパターンです。

 このあと調整のc波が下方にブレイクしてもう少し継続するのか、ブレイクがダマシになったのを機に上昇エリオット波動が始まるのかは言及できませんが、これをエリオット波動と認識するのは相当難易度が高いのは間違いないと思います(あまり触れないほうが良さそう)。

 「サイクル投資法マスターブック」でも「保ち合いからの離れ」として、エリオット波動を組み合わせた似たような記述がなされています。



コメント