Forex Tester 5発売開始!現在キャンペーン実施中!詳細はコチラから
スポンサーリンク

逆指値注文入門(基本編)|ストップの考え方を変えるだけで勝率もPFも大幅に変わる

トレード手法

本記事では、トレードを仕掛けると同時に設定する「逆指値(ストップ)注文」の基本的な考え方について、一般に語られるプライスアクションパターンを例に紹介します。

逆指値注文(損切り位置の確定)はトレードを行うかどうかを決める重要な要素のひとつです。逆指値の考え方ひとつ変わるだけで、トレードの考え方だけでなく結果(残高)が驚くぐらい変わるということを実感していただけたらと思い、記事にしました。

スポンサーリンク

はじめに

多くの書籍や動画・WEBサイトでは「どのようなパターン(条件)でトレードを仕掛けるか」について多くの手法が紹介されていますが、「損切り」や「逆指値」についてはあまり書かれていないと思います。その様は「その手法は必ず成功するから逆指値など不要だ」と言わんばかりです。

しかし、トレード「手法」において一丁目一番地といえるのは、いつ仕掛けるかよりもその仕掛けの損切りはどこでするのかについて学ぶことだと私は思います。そもそもストップが決まらないことにはトレードを執行するかどうかの判断もできませんし、ロットサイズも決められないからです。

当サイトでも本記事を公開するまでは、逆指値に関する具体的な内容はボルマン本・ブルックス本的手法にて軽くまとめただけにすぎませんでした。それだけ私自身損切りに無頓着だったと言えます(だから長い間結果が出なかった)。

しかもどちらの本もスキャルピングに偏った(寄った)内容であるため、デイトレード・スイングトレードに適してない逆指値ルールです。つまり、多くのトレーダー・手法に沿ってない損切り手法だといえます。

そこで本記事では、トレードを仕掛けると同時に設定する「逆指値注文」の基本的な考え方について、一般に語られるプライスアクションを例に紹介します。

逆指値注文の基本的な考え方(上昇チャネル時のロング)

上図のような上昇トレンド(上昇チャネル)において、トレンドラインで反発したところで買い、直近高値到達で利確するトレードを例に説明します。

細かい仕掛けタイミングについてはここでは省きますが、「トレンドライン近辺で反発した」と思える挙動をローソク足で確認したことで買いを仕掛けたとします。

多くの人が正しく逆指値を設定できるパターン

このような仕掛けにおいて逆指値を設定する場合、多くの方なら損切りを「反発したレート(安値A)の少し下」に置くと考えると思います。この考え方は非常に合理的で、正しいストップの置き場だと考えます。

もし仕掛けた後に下落し、トレンドラインをブレイクするようなことがあったとしても(上図)、ダブルボトムとなって再度反発すればポジションは無駄に損切りされることありません。一時的に含み損を抱えますが、最終的には想定方向に進みます。トレンドは崩れてない、だから損切りをする必要がないし損切りはされなかったという例です。

明確にトレンドラインをブレイクして安値を更新した場合(上図)は、ポジションは損切りになります。トレンドラインをブレイクした後はそのまま下げ続けることもありますし(急落パターン)、プルバックしてトレンドラインまで到達したあと反転することも考えられます(パターンブレイクプルバック)。

もちろんチャネルに再突入するパターンもあり得ますが(その場合、再エントリーできる展開であればまた買う)、「トレンドラインを下抜けし、安値だと思ったレート(安値A)を更新した」場合、本来想定していた展開から外れた(トレンドが崩れた)ということで損切りが行われた(行った)わけです。

この損切りは、トレードルールに優位性があるのであれば決して無駄ではなく、被害を最小限に抑えるための適切な損失確定と言えます。

よく誤りやすいパターン

安値A地点を「安値」と確定するにはまだ早いと考え、さらにプライスアクションを待ち、小さく安値を切り上げた後に仕掛けた場合について考えたいと思います(下図)。

より大衆が「トレンドラインで反発して安値Aから上昇が再開した」と判断しそうなタイミングで、上昇する確率(トレンドが継続する確率)はさきほどの例の仕掛けタイミングよりも高いといえそうです。

この場合「逆指値をどこに置くか」と尋ねられると、おそらくわりと多くのトレーダー(特に初心者)は小さく安値を切り上げたレート(安値B)の少し下に置くのが適切と考えるのではないかと思います(上図)。しかし実際に逆指値を置くべきなのは、安値Aの下といえます(下図)。

逆指値を安値Bの下でなく安値Aの下に置くべき理由

小さく安値を切り上げたことで安値Aが「チャネルの波動の底値になる」と考えて仕掛けたのはいいとして、そもそも安値B自体は「(上昇チャネルが確認できる時間軸の波動において)安値と確定したわけでない」と考えるべきだからです。

具体的な例を挙げると、安値A付近でダブルボトム(安値B’)を形成してから上昇するパターンや、再度トレンドラインを試してから反発するようなパターンにおいて、安値Bの下に逆指値を置いた場合損切りとなります(下図)。本来うまくいったはずのトレードがなぜか損切りで終わるという憂き目に合うことになります。

これは多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか。(私はこのようなパターンを嫌というほど経験したが、「そういうもの」と割り切って損切りの考え方を改めなかったが故に、安定して利益を得られるようになるまでお金だけでなく時間も無駄にした)

そもそも安値Aは、チャネルの波動における安値(あくまで候補)ですが、小さく安値を切り上げた安値Bは、チャネルを形成する波動レベル(時間足レベル)においてはランダムウォークレベルの波動(有り体に言うと、「誤差の範囲内」)です。

チャネルを形成している流れ(波動)を狙ってロングを打つのであれば、逆指値もチャネルを形成している流れの安値に設定することが「理にかなった」プライスアクショントレードといえるのではないかと考えます。

小さく安値を切り上げた安値Bの下にストップを置くことは、下位時間足の波動を狙った仕掛けなら合理的かもしれませんが(例:チャネルの上弦に到達する過程の、途中までを狙った仕掛け)、チャネルの上弦(高値A)までを狙った上での仕掛けとしては非合理的です。理由は先程説明したとおり、「誤差の範囲内」の値動きで損切りを強いられるリスクがあるからです。

逆指値を安値Bの下に置くのが「合理的」と考えてしまう理由

それでも多くのトレーダーが、上記の条件において、「合理的な損切り位置は安値Bの下」と考えてしまいます(※「多くのトレーダー」というのはあくまで筆者の推測。もし大半のトレーダーが安値Bの下でなく安値Aの下に置くと考えられるのであれば、トレーダーで利益を上げている人の割合が5%だとかそんな割合ではないはず……)

これはわりと明白で、本質的には一緒ですが2つの大きな理由が考えられます。

1つ目は、ストップをより近くに置くことで、損切りに至った場合の被害を最小限に抑えられると錯覚しているからです。ロットサイズをほぼ固定で仕掛けているタイプのトレーダーにありがちなパターンです。

たしかに、逆指値の位置が建値に近ければ近いほど損失(1回あたりの損切り額)を抑えることはできるかもしれませんが、上記で示したように成功していたはずのトレードが失敗に終わる確率が上がり、勝率が下がって利益(PF)も低下するので、精神的にトレードをすることが辛くなっていくと思います(本来うまくいってたはずだからなおさら)。

一番危険なのは、このような失敗を重ねることでついにストップを置かなくなり、トレンドラインをブレイクしたあともロスカットされるまで塩漬けにするパターンです。ストップを置かなかったことで着実に含み損を増やし、建値に戻ってくるまでお祈りしているトレーダー(厳密には「トレーダー」と呼称すべきでないのかもしれない)をSNSや動画サイト等で一度は見たことがあるのではないかと思いますが、本記事を読んだ方にはそうなって欲しくないと切に願います。

2つ目は、ストップをより近くに置くことでロットサイズをより大きくし、一回のトレードでの利益を大きくしたいと考えるからです。ロットサイズを損切り幅に応じて調整する(1回の損切りを資産の数パーセントとする)タイプのトレーダーにありがちなパターンです。

ストップが遠くなると資金管理ルール上ロットサイズが小さくなって、うまくいっても利益が小さくなると思うかもしれません。が、合理性を欠いてまでストップを近づけるてロットサイズを大きくすることは、かえって利益が減ってしまいかねないということは、上記の例からもお察しいただけるかと思います。

(もしある程度の勝率がすでにあって、)1回あたりのトレードの利益を増やしたいのであれば、損切りを近づけてロットを増やすのではなく、運用資金を積み増すことで単位パーセントあたりの額を上げ、ロットサイズを増やすことが最も合理的です。そうすれば結果的に勝率も利益も大幅に増え、1年ほど経過したときには望外の収益が得られていると思います。

Man
損切り位置を近づけることで損切り額を減らそうとしたり、1回あたりの利益を増やそうとすると、ろくなことがないですね。

大きい流れの途中でエントリーする場合での逆指値の考え方

トレンドラインから反発した直後ではなく、既にトレンドラインから推進してチャネルの中間あたりで買いを仕掛ける場合はどうすべきか考えたいと思います。考え方は2つあります。

1つは、先程同様安値Aの下に置くという考え方です(下図)。これは、チャネルを確認している時間足で確認できている安値の下に置くという点では理にかなった位置です。

ただこの場合、利確ライン(高値A)までの利幅に対してストップが遠すぎるため、「高値Aまでの上昇はそれなりに期待できるが、最悪反転して損切りに至った場合の損失が利益よりも大きい」という理由で見送りと判断することになるかと思います(このパターンにおいて、高い勝率を過去チャートの分析で確認できていて、例えば勝率95%はあるというような場合だと、期待値上仕掛けるべきといえるかもしれませんが、そのような超高勝率パターンがあるのなら教えてほしいです^^;)

2つ目の考え方は、一時的につけた安値Cの下に置くという考え方です(上図)。これは先程「良くない例」として説明したような逆指値位置ですが、下位時間足レベルまでチャートを落としてこんで考えた場合において合理的と判断できる可能性があります。

下位時間足のチャートを見たときに上図のような値動きをしていた場合、

  • ミクロトレンドラインをブレイクした地点で仕掛ける(いわゆるブルックス本でいう「高値2」での仕掛けに近い)
  • ミクロトレンドラインをブレイクして、プルバックしたあとに小さく安値を切り上げたところで仕掛ける

という上昇継続パターンが考えられます。

高値Aまでを狙えるかどうかはまた別問題ですが、高値A’までを狙うという意味では、当初のトレンドラインでの反転での仕掛けで高値Aまでを狙うトレードとほぼ同じ考え方になります(≒フラクタル)。

よって、「高値Aまで狙う」という点において安値Cの下に置く考え方は合理的とはいえないかもしれませんが、「高値A’までを狙う」という点においては、安値Cの下に逆指値を置くという考え方は合理的ではあると考えられます(※もちろんこのルールに優位性があることを確認していることが大前提)。

高値A’までレートが上昇したら一部を利食いして残りは高値Aまで狙うのか、もしくは全部を利確してしまうのか、部分利食いの際ストップを建値に置き直してプラスを確定させるのか、最後までストップを動かさないのか……など、細かいルールは分析・検証において考える必要があります(それらの考え方については後日記事作成予定)。

その他基本的なプライスアクションの逆指値例

ここでは逆指値の例を示すにとどめ、細かいエントリーのタイミングなどについては省略しています。

下降トレンドラインでのショート

上記で説明した上昇トレンドライン(上昇チャネル)の逆バージョンです。

トレンドというわりにはちょっとレンジに近い傾斜ですが、例ということで……

ダブルトップでのショート・ダブルボトムでのロング

ダブルトップ、ダブルボトムとしてますが、上図はトレンドがある中でのダブルトップベアフラッグブレイクでのショートと、ダブルボトムブルフラッグブレイクでのロングです。

さらに短い時間足で仕掛ける場合なら、仕掛け足の直前の高値の少し上(ダブルトップ側)や、仕掛け足の直前の安値の少し下(ダブルボトム側)にストップを置く方法も一応考えられます。

パターンブレイク時の仕掛け

いわゆるポール・フラッグ・スイングの波動のスイング狙いのロングです。

ポールに相当する波動を狙う場合、ストップは上図に置くことが最も合理的と考えます。

無論、安値Aがあまりにも仕掛け足から遠く、かつ直前にベア派が仕掛けて失敗したようなダブルボトムの形跡などがあれば、ダブルボトムの少し下にストップに置くという考え方も合理的といえると思います。

パターンブレイクプルバック時の仕掛け

上昇トレンドラインをブレイクし、ラインを延長した先までプルバックしてきたパターンです。

ライン到達と同時に仕掛ける場合、ストップはブレイク前につけた直近高値の少し上が妥当と考えます。

トレンドラインブレイク後に小さく安値を切り下げたあと(ブルックス本的に安値1、安値3ともいえる?)に仕掛ける場合は、トレンドラインで反転した高値の上に置くのが合理的です。

ただ、仕掛けたあともみ合ってトレンドライン近辺を推移し出した場合、トレンドラインを明確に上抜けるまでは保持するという考え方もできなくはないため、そのような場合になったらどうするのかも予め想定しておくといいかもしれません。

レンジ相場(トレーディングレンジ)での逆張り

上図左側で既に抵抗線と支持線で弾かれる展開が幾度となく続いているという前提での、支持線反発ロングと抵抗線反発ショートです。

ロング側の逆指値として支持線の下に置いていますが、左側で記録した支持線を少しオーバーシュートした安値(a)の下に置くほうがより安全ではあります(「結果的に損切られずに利確できたという確率」がほんの少し上がる)

まとめ:逆指値を極めることは、安定した利益を手にするための最重要要素でありトレードの基礎である

損切り位置を考え直しているベア派(イメージ)

エントリー(約定)するタイミングは相当トレーニングを積んでも見誤ってしまうことが多々ありますが、「エントリーに対して設定すべき逆指値の位置」は、トレーニング(経験)次第でミスをゼロレベルまで抑えることができると考えます。

そうすると、本来プライスアクション的には理想的でなかったかもしれないエントリーでさえ、結果的に利確で終えられるという可能性が出てきます(トレンドが生じているときにトレンドフォローさえできていれば)

しかし、逆指値の位置が合理的でなければ、どれだけ正確なプライスアクションの分析における仕掛けであっても、無駄に損切りを強いられることになりかねない……ということが本記事で伝わっていれば幸いです。

プライスアクションの基本的なパターンを理解した上で、「このレートを下回ったら(上回ったら)本来考えていた想定から外れる」という合理的な位置にストップを置けるようになることが、安定して資産を増やす重要な要素だと、私自身今になって強く感じます。

もちろん逆指値だけでなく、エントリータイミング(トレードルール)そのものや、周期的(サイクル)な波動の分析(≒マルチタイムフレーム分析)、優位性を確認するための分析・検証なども結果を残すための重要な要素ですが、比較的確実に適切に処理できる「逆指値の設定」を理解することは、他のスキルよりも比較的習得しやすい割に結果に直結しやすい高コスパ要素だと思います。

まずは完成されたチャートから自身のルールで仕掛けられる・仕掛けるべき足を探し、それに対するストップ位置を考えるところからスタートだと思います。この工程に関しては別にForex Tester 5でなくても、それなりに古いチャートが確認できる無料のアプリ・ツールを用いれば問題ないと思います。

完成されたチャートでの分析がある程度進んだら、今度は動きの中で同じ考えができるかのチェックに回ります。この工程に関してはForex Tester 5がとても便利なツールとして機能すると思います。


  • トレード手法
  • トップページに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました