スポンサーリンク

FXプライスアクション研究所 トップページ

新コンテンツ目次

  • はじめに
スポンサーリンク

更新状況

5/12
5/6~5/10のトレード記録を公開しました。
【トレード週報】5/6~5/10
 今週は想定外の大きい窓開けからスタートしましたね。  結局理想的な仕掛けができず取引は1回のみ、そして損切に終わったので残念な1週間となりました。  マイナスが増大しなかっただけマシともいえます。 今週の相場感 U...
トレード週報カテゴリを公開しました。
トレード週報
トレードを開始したので、資産がどう推移していくかを記録しようと思い、カテゴリを立てました。 公開の目的 「実際に1億いけんのか?」をみなさんと共有 ※関連記事 ⇒本当にいけるかどうかは私のスキル...
5/6
4/15~5/3のトレード記録(ダイジェスト)を公開しました。※トレードにおける細かいルール(デモとリアルの棲み分けの理由)などに関しては後日公開予定です。
【トレード週報】4/15~5/3(ダイジェスト)
3週間分の私のトレード内容をダイジェストでお送りします(翌週からは毎週更新予定です)。 チャート内の矢印(→)は、ポジションを持ったところから利確したところまでを示しています。 4/15~24まで(No.1~4)はデモ口座のみ、4/25...
5/3
効率よく資産を構築するための資金管理手法に取引量シミュレーター(エクセルファイル)を公開しました。DLできます。
相場(FX)で億単位の資産を構築するための現実的な資金管理の考え方とルール作りについて
 コラムにて「1億稼ぐ方法」という記事を公開していますが(下記関連記事)、下記記事はあくまで「誰でも1億稼ぐことは(理論上)可能であること」を示したにすぎず、細かいツッコミどころは節々にあります。 ☆関連記事  ...
5/1
一部記事を修正しました。
フォレックステスターが必要な理由を修正しました。
フォレックステスターが必要な理由|なぜ常勝トレーダーはFT3を使い続けるのか?
 この記事は、Forex Testerを使って検証を行う理由や意義について説明しています。  トレードで安定して勝てるようになるために、なぜ検証をしないといけないのでしょうか?なぜ多くの常勝トレーダーはForex Testerを使っている...
4/17
年1億を相場から稼ぐことの現実性と方法論の記事を修正しました。
相場から年間1億稼ぐこと(億トレ)の現実性と実現の方法|50万あれば最速3年で可能
 自己啓発や心理学、脳科学的分野で出てくる話題ですが、時間は「未来→現在→過去」の順に流れているという考え方があります。 (多くの人は、「時間の流れは過去→現在→未来と流れていて、過去の行動の集大成が現在を構成している」と考えますが、逆の...
4/14
MT4が使える国内FX口座まとめを公開しました。
MT4が使える国内FX口座まとめ|各社の特徴、メリット・デメリットをチェック
 国内のFX口座のなかで、MT4が使える会社の特徴、メリット・デメリットを調査しました。  2019/4/14時点で7社確認しましたが、まだまだありそうです。見つかり次第スペック調査して紹介します(ABC順に並べています)。  どの会社...
FX口座選びまとめを公開しました。
FX口座選びまとめ|口座を選ぶ基準、FX口座の紹介
 このページは、実際にトレードを行うための口座について紹介しています。  また、口座を選ぶにあたっての基準なども紹介していきます。 ストップ狩りを「完全回避」できる取引ツール  「ストップ狩り」と呼ばれる現象お...
4/10
ツーレッグに関する記事を公開しました。
ブルックス本で登場する「ツーレッグ」の特徴とツーレッグを利用したトレード手法について
 ツーレッグという言葉はブルックス本で登場する用語で、本の中で頻繁に登場します。  このツーレッグという解釈は衝撃的です。言われてみれば確かにそう見える……というかそうなっているため、私個人としては「よく見つけたな……」と感じました。 ...
4/7
プルバックの反転の実例を追加しました(実例2と3)。
ボルマン本で登場するプルバックの反転の基本的性質と仕掛けパターンについて
プルバックの反転は、ボルマン本で出てくる用語です。 私は、このプルバックの反転を極めることこそ相場の本質を究めることと言っても過言ではない、というくらい重要な要素だと考えています。 理屈自体はそれほど難しくなく、むしろ簡単で、話を聞くだ...
失敗ブレイクからのトレードの実例を追加しました(実例2)。
ボルマン本で登場する失敗ブレイクからのトレード(tff)の基本的性質とトレード戦略
 失敗ブレイクからのトレードという言葉は、ボルマン本(FX5分足スキャルピング)で登場する用語です。  意味はそのままで、「あるブレイクが失敗に終わったあとに仕掛けるトレード」のことです。  ボルマン本に限らず、ブルックス本(プ...

「旧記事」について

旧サーバー(Blogger)の記事は、URLを変更した上でWEB上に公開しています。

今後、一部記事をこちらに移植、または加筆してアップする予定です。

旧サイトでは過去の記事をすべて掲載しているため、過去記事を読みたい方は下記リンクから移動してください:

FXプライスアクション研究所 Blogger分館

※一応このサイトは「WordPress 本館」という体になってます。

スポンサーリンク
MCをフォローする
スポンサーリンク
FXプライスアクション研究所