アル・ブルックス

スポンサーリンク
トレード手法

で、アル・ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ショート編)2/2

※その1(1/2)の続きです。 もう少し具体的な仕掛けタイミング 以上の内容は、比較的多くの書籍やWEBサイトで説明されているところかと思います。 しかし、具体的にどういう条件で仕掛けるかについては不透明な部分が多く、...
トレード手法

で、アル・ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ショート編)1/2

アル・ブルックス本は順張り・逆張り両方について記述していますが、結局のところ、大原則として押し目買い・戻り売りを主体とした順張りのトレードが主体といえます。 押し目買いと戻り売り……これらのワードはプライスアクションに限らず、様々なト...
トレード手法

で、アル・ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ロング編)2/2

※その1(1/2)の続きです。 もう少し具体的な仕掛けタイミング 以上の内容は、比較的多くの書籍やWEBサイトで説明されているところかと思います。 しかし、具体的にどういう条件で仕掛けるかについては不透明な部分が多く、...
スポンサーリンク
トレード手法

で、アル・ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ロング編)1/2

ブルックス本は順張り・逆張り両方について記述していますが、結局のところ、大原則として押し目買い・戻り売りを主体とした順張りのトレードが主体といえます。 押し目買いと戻り売り……これらのワードはプライスアクションに限らず、様々なトレード...
ブルックス・ボルマン本用語

バーブワイヤー(barb wire)考察(基本編、3/3)

※その2(2/3)の続きです。 足2:上抜け失敗から始まった下抜け(サポートラインのブレイク)  上図では足2がサポートラインに到達した場面です。 足並み揃わないブル派  積極的なブル派の一部は、再びトレーディン...
ブルックス・ボルマン本用語

バーブワイヤー(barb wire)考察(基本編、2/3)

※その1(1/3)の続きです。 足1:ブレイクからダマシの展開 レジスタンスラインへの到達  足1は最終的には上ヒゲの長い陰線で引けていますが、引けまでの過程で少なくとも1回は意識されてそうなレジスタンスラインをブレイ...
ブルックス・ボルマン本用語

バーブワイヤー(barb wire)考察(基本編、1/3)

「バーブワイヤー」はプライスアクショントレード入門の第5章の項として突然登場しますが、冒頭において「この項は本書のなかでも最も重要な情報が書いてあるため、注意深く読んで欲しい」(p.223)という一文から始まることからもわかるように、非常に...
トレード手法

で、アル・ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ロング編)

アル・ブルックス本は順張り・逆張り両方について記述していますが、結局のところ、大原則として押し目買い・戻り売りを主体とした順張りのトレードが主体といえます。 押し目買いと戻り売り……これらのワードはプライスアクションに限らず、様々なト...
トレード手法

で、アル・ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ショート編)

アル・ブルックス本は順張り・逆張り両方について記述していますが、結局のところ、大原則として押し目買い・戻り売りを主体とした順張りのトレードが主体といえます。 押し目買いと戻り売り……これらのワードはプライスアクションに限らず、様々なト...
コラム

「プライスアクショントレード入門」の読み進め方についての考察

 スター・ウォーズシリーズの最新版(エピソード8/最後のジェダイ)が今月劇場公開された、と私の周辺でも話題になっています。  スター・ウォーズの「話の時系列」は「劇場公開順」とは異なるそうで、劇場公開順にシリーズ番号を書くと4→5→6...
スポンサーリンク