Forex Tester 4現在キャンペーン中!詳しくはコチラ

アル・ブルックス

スポンサーリンク
トレード手法

ブルックス本的、ボルマン本的利確手法と逆指値を動かすタイミングについて

 トレードというと仕掛けるタイミングに注目がいきがちですが、仕掛けた後に いつ利食うか(ポジションを決済するか) いつストップを動かすか(建値、直近高値・安値へのトレール的移動) という2点についても前々から考えて...
ブルックス・ボルマン本用語

FX相場における「ダマシ」のプロセスとダマシを利用したトレード手法について

 高値を更新したり、ブレイクアウトをしたローソク足が、その方向に進まず反転する現象のことを、ブルックス本やボルマン本では「ダマシ」と呼んでいます。  ダマシに仕掛けてしまうとたちまちポジションが含み損になり、損切りを余儀なくされてしまいま...
ブルックス・ボルマン本用語

ブルックス本で登場する「ツーレッグ」の特徴とツーレッグを利用したトレード手法について

 ツーレッグという言葉はブルックス本で登場する用語で、本の中で頻繁に登場します。  このツーレッグという解釈は衝撃的です。言われてみれば確かにそう見える……というかそうなっているため、私個人としては「よく見つけたな……」と感じました。 ...
ブルックス・ボルマン本用語

アル・ブルックス本における「セットアップ」の意味とパターンについて

ブルックス本ではセットアップ(setup)の意味が用語集に記載されていますが、その意味に関しては一般で用いられる「セットアップ」と対して変わらないと考えます(一般でセットアップという単語を使う機会は少ないかもしれませんが)。 記事作成...
トレード手法

で、アル・ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ショート編)

アル・ブルックス本は順張り・逆張り両方について記述していますが、結局のところ、大原則として押し目買い・戻り売りを主体とした順張りのトレードが主体といえます。 押し目買いと戻り売り……これらのワードはプライスアクションに限らず、様々なト...
トレード手法

で、アル・ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ロング編)

アル・ブルックス本は順張り・逆張り両方について記述していますが、結局のところ、大原則として押し目買い・戻り売りを主体とした順張りのトレードが主体といえます。 押し目買いと戻り売り……これらのワードはプライスアクションに限らず、様々なト...
ブルックス・ボルマン本用語

ブルックス本で登場する「バーブワイヤー」(barb wire)に関する考察(応用編)

 バーブワイヤー基本編では、ブルックス本で説明されている「バーブワイヤー」において、良くあるとされるパターンについて紹介しました。  本記事では、基本編のようなパターンの他に起こりうるその他のパターンについて紹介し、ブル・ベアがどのような...
ブルックス・ボルマン本用語

ブルックス本で登場する「バーブワイヤー」(barb wire)に関する考察(基本編)

「バーブワイヤー」はプライスアクショントレード入門の第5章の項として突然登場しますが、冒頭において「この項は本書のなかでも最も重要な情報が書いてあるため、注意深く読んで欲しい」(p.223)という一文から始まることからもわかるように、非常に...
コラム

「プライスアクショントレード入門」の読み進め方についての考察

 スター・ウォーズシリーズの最新版(エピソード8/最後のジェダイ)が今月劇場公開された、と私の周辺でも話題になっています。  スター・ウォーズの「話の時系列」は「劇場公開順」とは異なるそうで、劇場公開順にシリーズ番号を書くと4→5→6...
ブルックス・ボルマン本用語

アル・ブルックス本における「高値1、2、3、4(安値1、2、3、4)」の定義について

 アル・ブルックスさんの著作を日本語に訳した「プライスアクショントレード入門」や「プライスアクションとローソク足の法則」(パンローリング社 出版)を読み進めるにあたり、最初にぶつかる壁が「彼独自の用語の意味が良く分からないこと」だといわれて...
スポンサーリンク