応用理論

トレード手法

ボルマン本で登場するパターンブレイクの基本的性質と仕掛けパターンについて(3/3)

※その2(2/3)の続きです。 パターンブレイクの実例 過去(2017年12月頃)に私が分析したEURUSDの5分足の分析記事から、パターンブレイクの実例を見ていきたいと思います。 ※知識やスキルが今より怪しい時期の分析画...
トレード手法

ボルマン本で登場するパターンブレイクの基本的性質と仕掛けパターンについて(2/3)

※その1(1/3)の続きです。 パターンブレイクの仕掛けタイミング トレンドラインをブレイクしそうな展開が生じたときに、「じゃあどこで仕掛けるのか?」の具体的手法について2点説明します。 シグナル足の高値(安値)を抜け...
トレード手法

ボルマン本で登場するパターンブレイクの基本的性質と仕掛けパターンについて(1/3)

パターンブレイクという言葉はボルマン本にて登場しますが、別に彼独自の用語というわけでなく、各所で使われている言葉です(ブレイクアウトとも呼ばれる)。 パターンブレイクは、ライントレードやプライスアクショントレードを主として手法を構築してい...
スポンサーリンク
ブルックス・ボルマン本用語

アル・ブルックス本における「セットアップ」の意味とパターンについて(2/2)

※その1(1/2)の続きです。 2本以上で形成されるセットアップ セットアップが2本以上に及ぶパターンは、1本目のセットアップ足が形成されたあとに「高値を上抜いたら(安値下抜いたら)仕掛けよう」と思っていたものの仕掛けが...
ブルックス・ボルマン本用語

アル・ブルックス本における「セットアップ」の意味とパターンについて(1/2)

ブルックス本ではセットアップ(setup)の意味が用語集に記載されていますが、その意味に関しては一般で用いられる「セットアップ」と対して変わらないと考えます(一般でセットアップという単語を使う機会は少ないかもしれませんが)。 記事作成...
トレード手法

で、ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ショート編)2/2

※その1(1/2)の続きです。 もう少し具体的な仕掛けタイミング 以上の内容は、比較的多くの書籍やWEBサイトで説明されているところかと思います。 しかし、具体的にどういう条件で仕掛けるかについては不透明な部分が多く、...
トレード手法

で、ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ショート編)1/2

ブルックス本は順張り・逆張り両方について記述していますが、結局のところ、大原則として押し目買い・戻り売りを主体とした順張りのトレードが主体といえます。 押し目買いと戻り売り……これらのワードはプライスアクションに限らず、様々なトレード...
トレード手法

で、ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ロング編)2/2

※その1(1/2)の続きです。 もう少し具体的な仕掛けタイミング 以上の内容は、比較的多くの書籍やWEBサイトで説明されているところかと思います。 しかし、具体的にどういう条件で仕掛けるかについては不透明な部分が多く、...
トレード手法

で、ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ロング編)1/2

ブルックス本は順張り・逆張り両方について記述していますが、結局のところ、大原則として押し目買い・戻り売りを主体とした順張りのトレードが主体といえます。 押し目買いと戻り売り……これらのワードはプライスアクションに限らず、様々なトレード...
ブルックス・ボルマン本用語

ダブルの圧力(基本編)3/3

※その2(2/3)の続きです。 ダブルの圧力を利用した仕掛け  ダブルの圧力が発生しやすいパターン(前ページ)にて概要は説明しましたが、この項ではもう少し具体的な仕掛けについて考えたいと思います。 ブルフラッグにおける...
スポンサーリンク