【速報】Forex Tester 4発売開始!現在100ドルOFFキャンペーン実施中!

応用理論

スポンサーリンク
トレード手法

ブルックス本的、ボルマン本的利確手法と逆指値を動かすタイミングについて

 トレードというと仕掛けるタイミングに注目がいきがちですが、仕掛けた後に いつ利食うか(ポジションを決済するか) いつストップを動かすか(建値、直近高値・安値へのトレール的移動) という2点についても前々から考えて...
ブルックス・ボルマン本用語

FX相場における「ダマシ」のプロセスとダマシを利用したトレード手法について

 高値を更新したり、ブレイクアウトをしたローソク足が、その方向に進まず反転する現象のことを、ブルックス本やボルマン本では「ダマシ」と呼んでいます。  ダマシに仕掛けてしまうとたちまちポジションが含み損になり、損切りを余儀なくされてしまいま...
トレード手法

急展開(指標発表、要人発言)時のトレードの考え方|初動は見送って反発を狙う

 指標発表や要人発言時などに代表される急騰・急落後の展開はいくつかのパターンに分類でき、パターンに当てはまればそこそこ期待通りの展開に進むため仕掛けやすいメリットがあります。  反面、通常時とは比べ物にならないほどの速度感のある値動きが続...
スポンサーリンク
ブルックス・ボルマン本用語

ブルックス本で登場する「ツーレッグ」の特徴とツーレッグを利用したトレード手法について

 ツーレッグという言葉はブルックス本で登場する用語で、本の中で頻繁に登場します。  このツーレッグという解釈は衝撃的です。言われてみれば確かにそう見える……というかそうなっているため、私個人としては「よく見つけたな……」と感じました。 ...
トレード手法

ボルマン本で登場する失敗ブレイクからのトレード(tff)の基本的性質とトレード戦略

 失敗ブレイクからのトレードという言葉は、ボルマン本(FX5分足スキャルピング)で登場する用語です。  意味はそのままで、「あるブレイクが失敗に終わったあとに仕掛けるトレード」のことです。  ボルマン本に限らず、ブルックス本(プ...
トレード手法

ボルマン本で登場するプルバックの反転の基本的性質と仕掛けパターンについて

プルバックの反転は、ボルマン本で出てくる用語です。 私は、このプルバックの反転を極めることこそ相場の本質を究めることと言っても過言ではない、というくらい重要な要素だと考えています。 理屈自体はそれほど難しくなく、むしろ簡単で、話を聞くだ...
トレード手法

パターンブレイクプルバックの基本的性質と仕掛けパターンについて

パターンブレイクプルバックはボルマン本にて登場する用語です。 パターンブレイクに並んでブレイク方向へのレートの推移が期待できるパターンの1つと言えます。 ブルックス本では「ブレイクアウトプルバック」、世間一般では「第二波」などと呼ばれた...
トレード手法

ボルマン本で登場するパターンブレイクの基本的性質と仕掛けパターンについて

パターンブレイクという言葉はボルマン本にて登場しますが、別に彼独自の用語というわけでなく、各所で使われている言葉です(ブレイクアウトとも呼ばれる)。 パターンブレイクは、ライントレードやプライスアクショントレードを主に手法を構築しているト...
ブルックス・ボルマン本用語

相場(FX)におけるマグネット効果と、それを引き起こす大衆心理についての考察

ブルックス本(プライスアクショントレード入門)ではマグネット効果に関する説明が1章分ありますが(分量は少なめ)、冒頭の文章を読む限り、ブルックスさんはマグネット効果に対して「それほど利用できるものではない」と感じているように見受けられます:...
ブルックス・ボルマン本用語

アル・ブルックス本における「セットアップ」の意味とパターンについて

ブルックス本ではセットアップ(setup)の意味が用語集に記載されていますが、その意味に関しては一般で用いられる「セットアップ」と対して変わらないと考えます(一般でセットアップという単語を使う機会は少ないかもしれませんが)。 記事作成...
スポンサーリンク