応用理論

スポンサーリンク
トレード手法

ボルマン本で登場する失敗ブレイクからのトレード(tff)の基本的性質とトレード戦略

 失敗ブレイクからのトレードという言葉は、ボルマン本(FX5分足スキャルピング)で登場する用語です。  意味はそのままで、「あるブレイクが失敗に終わったあとに仕掛けるトレード」のことです。  ボルマン本に限らず、ブルックス本(プ...
トレード手法

ボルマン本で登場するプルバックの反転の基本的性質と仕掛けパターンについて

プルバックの反転は、ボルマン本で出てくる用語です。 私は、このプルバックの反転を極めることこそ相場の本質を究めることと言っても過言ではない、というくらい重要な要素だと考えています。 理屈自体はそれほど難しくなく、むしろ簡単で、話を聞くだ...
トレード手法

パターンブレイクプルバックの基本的性質と仕掛けパターンについて

パターンブレイクプルバックはボルマン本にて登場する用語です。 パターンブレイクに並んでブレイク方向へのレートの推移が期待できるパターンの1つと言えます。 ブルックス本では「ブレイクアウトプルバック」、世間一般では「第二波」などと呼ばれた...
スポンサーリンク
トレード手法

ボルマン本で登場するパターンブレイクの基本的性質と仕掛けパターンについて

パターンブレイクという言葉はボルマン本にて登場しますが、別に彼独自の用語というわけでなく、各所で使われている言葉です(ブレイクアウトとも呼ばれる)。 パターンブレイクは、ライントレードやプライスアクショントレードを主に手法を構築しているト...
ブルックス・ボルマン本用語

相場(FX)におけるマグネット効果と、それを引き起こす大衆心理についての考察

ブルックス本(プライスアクショントレード入門)ではマグネット効果に関する説明が1章分ありますが(分量は少なめ)、冒頭の文章を読む限り、ブルックスさんはマグネット効果に対して「それほど利用できるものではない」と感じているように見受けられます:...
ブルックス・ボルマン本用語

アル・ブルックス本における「セットアップ」の意味とパターンについて

ブルックス本ではセットアップ(setup)の意味が用語集に記載されていますが、その意味に関しては一般で用いられる「セットアップ」と対して変わらないと考えます(一般でセットアップという単語を使う機会は少ないかもしれませんが)。 記事作成...
トレード手法

で、アル・ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ショート編)

アル・ブルックス本は順張り・逆張り両方について記述していますが、結局のところ、大原則として押し目買い・戻り売りを主体とした順張りのトレードが主体といえます。 押し目買いと戻り売り……これらのワードはプライスアクションに限らず、様々なト...
トレード手法

で、アル・ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ロング編)

アル・ブルックス本は順張り・逆張り両方について記述していますが、結局のところ、大原則として押し目買い・戻り売りを主体とした順張りのトレードが主体といえます。 押し目買いと戻り売り……これらのワードはプライスアクションに限らず、様々なト...
ブルックス・ボルマン本用語

相場(FX)における「ダブルの圧力」という現象とトレード戦略について

 ダブルの圧力は、ブルックス本ではなくボルマン本で頻繁に登場するワードです。  特に5分足でスキャルピングやデイトレードを行う際は、このダブルの圧力が生じるタイミングを見つけて仕掛けることこそが仕事であると言っても過言ではありません。 ...
ブルックス・ボルマン本用語

ブルックス本で登場する「バーブワイヤー」(barb wire)に関する考察(応用編)

 バーブワイヤー基本編では、ブルックス本で説明されている「バーブワイヤー」において、良くあるとされるパターンについて紹介しました。  本記事では、基本編のようなパターンの他に起こりうるその他のパターンについて紹介し、ブル・ベアがどのような...
スポンサーリンク