スポンサーリンク

ローソク足の基礎…陽線、陰線、十字足、反転足(3/3)

その2(2/3)の続きです。

反転足

 反転足は、足が寄り付いてから進んだ相場の方向に対して、後半で一気に展開が逆転した時に形成される足です。

 代表的な例が上図の2パターンです。左の反転足は前半に大きく下落したことが、右の反転足は前半に大きく上昇したことがヒゲから伺えます。

 反転足は「ピンバー」など、別の名称も多くあります。

反転足の形成例

 陽線ピンバーの形成パターンはだいたい上図のとおりです。

 ①から②にかけては誰が見てもベア派が優勢であることを確認することができます。

 しかし、③の時点で既に雲行きが怪しくなっていることが下ヒゲから伺えます。何があったかはその時次第なので明言できませんが、言えることはブル派が積極的に仕掛けたか、ベア派の大半が決済した(買い戻した)かの2択です。

 最終的には始値も上回り陽線として引けましたが、この足から分かることは、この足の形成中に仕掛けてまだポジションを持っているベア派は全員含み損を抱えているということです。

 次の足でなんとかレートを死守しようと、ベア派がより積極的に売りを仕掛ける可能性もありますが、それが失敗に終わるような展開になるとベア派は買い戻し、ブルは買いを仕掛けるため強気の上昇の展開が期待できます(以前の展開にもよるため一概には言えないことは注意)。

足形成時のブル・ベアイメージ

①→②

ベア派
ベア派
売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る

ブル派
慎重なブル派
……

②→③

ベア派
ベア派
買い戻し買い戻し(利確が大半)

ブル派
積極的な
ブル派
買う買う買う買う買う買う買う買う(逆張り)

ベア派
ベア派
売る売る売る売る

③→④

ブル派
積極的な
ブル派
買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う

ベア派
ベア派
買い戻し買い戻し買い戻し買い戻し(建値決済、損切りが大半)

ブル派
慎重な
ブル派
買う買う買う買う買う

ベア派
積極的な
ベア派
売る!売る!売る!売る!売る!(レート死守のための決死の売り)
スポンサーリンク

まとめ

 ブルックス本では、ローソク足1本レベルで何があったのかを観察し、トレードにどう活かすかについてこれ以上ないというレベルで詳細に書かれています。

 その一部だけをかいつまんで説明すると本記事のような内容になります。

 各項目(いろいろなローソク足)について当サイトでも取り扱っていくつもりですが、より詳細に学びたいという覚悟のある方でまだ「ブルックス本」を手にとっていない方は是非読んでみてください。

 「覚悟」と書いたのは、ページの端から端まで文章がきっしり埋め尽くされた500ページオーバーの内容を読んで理解する必要があることに対してです。

 しかし何度も読めば理解が深まって、ローソク足から多くのことを学べるようになると思いますので、個人的には推奨します(「トレード入門」のほうを先に読むことをおススメします)。

下位時間足で答え合わせが可能…ではある

 観察した足よりもさらに短い時間足を観察することで、より詳細な考察が可能になります。

 もし、今まで見てきたローソク足が5分足だった場合、1分足を見ると途中でベア派の攻勢があったり、ブル・ベア双方仕掛けがない時間帯を発見できるかも知れません

 ただ気をつけるべきなのは、1分足のような短い時間レベルになると、そのような結果(ベア派の攻勢や沈黙)がランダムウォークレベルのものである可能性があります。1分足のような短い時間足を見る際は、深い考察が無駄になるかもしれないので注意が必要です。



ローソク足
スポンサーリンク
MCをフォローする
FXプライスアクション研究所

コメント