バーブワイヤー(barb wire)考察(基本編、1/3)

「バーブワイヤー」はプライスアクショントレード入門の第5章の項として突然登場しますが、冒頭において「この項は本書のなかでも最も重要な情報が書いてあるため、注意深く読んで欲しい」(p.223)という一文から始まることからもわかるように、非常に重要な内容です。

お読みになった方なら内容を承知していると思いますが、トレーディングレンジにおいてなぜブレイクがダマシになるのかが説明されており、私自身は「なぜそうだとわかったのか…」と驚嘆した項でした。

上記の本はただでさえ独特といわれるブルックスさんの文章を英日翻訳しているという経緯があるため「読みにくい」と評されることが多いですが、何度も読み返していくうちにその本質めいたものは理解できると思います。

本記事では、バーブワイヤーの基本パターンについてまとめています。本記事は彼が説明していることの一部でしかないため、本質を学びたい場合は書籍を手に取ってご自身で読み解いて頂ければと思います。

スポンサーリンク

「バーブワイヤー」基本情報

 「バーブワイヤー」は、ブルックス本(プライスアクショントレード入門)にて登場する彼独自の為替用語です。

 その意味は概ね以下のとおりです(「プライスアクショントレード入門」p.575より引用):

  • 3本以上の足からなるトレーディングレンジ
  • 足が大きく重なっている
  • 1本以上の同時線(=十字足)がある

バーブワイヤーの出現機会

 ブルックス本では特にEミニの5分足について取り扱っていますが、バーブワイヤーは通貨ペアや時間足を問わず出現します

 外国為替においても、1日に数回は出現する傾向があり、その度にブル・ベアの仕掛けの応酬が繰り返されています。

バーブワイヤーの英日訳

 「バーブワイヤー」という言葉はあまり聞き慣れない(?)言葉ですが、「有刺鉄線」を意味します。

 本では”Barb Wire”とカッコ書きで記載されていますが、有刺鉄線は”barbed wire“とするのが基本のようです。

 「3本以上の足が重なっていてかつ十字足がある」形状が、有刺鉄線(下図)と似ていることから名付けられたものと推察します。


Googleで「barbed wire」と入力して画像検索した結果

バーブワイヤーの基本的パターンとブル・ベア双方の行動心理

 本記事では上画像のようなバーブワイヤーのパターンにおける値動きと、ブルベアの行動について考察したいと思います。

 以下の内容は、ブルックス本を読んだ上での筆者の私見であることをご留意ください。

最初の3本:バーブワイヤーの形成

 バーブワイヤーでは、最低でも3本以上からなるトレーディングレンジで、かつ最低1本は十字足が含まれています。

 上図はその典型例として設定しました。「最低1本」どころか3本とも十字足で方向感がなく、ブル・ベア双方が仕掛けあっていることが伺えます。

 わずかではありますが1本目より2本目、2本目より3本目のほうが足のサイズが短くなっており、レジスタンスライン、サポートラインの両方が意識されていることが分かります。

バーブワイヤーにおけるブル・ベアの行動

 大方ブル派は買いベア派は売っています。しかし、徐々に様子見のトレーダーが増えていき、その結果値動きが弱まり足が短くなっていきます。

ブル派
積極的な
ブル派
買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う

ベア派
積極的な
ベア派
売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る

ブル派
慎重な
ブル派
……

ベア派
慎重な
ベア派
……


コメント