スポンサーリンク

Forex Testerに導入するヒストリカルデータの時間軸修正と質向上に関する考察2

スポンサーリンク

精度の低いヒストリカルデータを向上させる

 前回記事ではForex Tester(FT2)内のオプション操作でチャートデータの質を向上させる方法について記しました:

Forex Testerに導入するヒストリカルデータの時間軸修正と質向上に関する考察1
https://www.fxpriceactionlab.com/2017/09/forextester-hst1.html

 今回はforexite社のデータの上にDukascopy Japan社のヒストリカルデータを上書きすることで短期時間足の質を向上させる手順について説明します。

ヒストリカルデータ ダウンロードの手順(JForex3、FT2)

 今回はDukascopy Japan社の最新版取引ツールであるJForex3(図1)でforexiteデータを上書きするためのヒストリカルデータを取得し、Forex Tester 2に上書きするまでの手順を記述します。

図1 JForex3取引画面

①時間軸の設定(JForex3)

 取引画面(図1)上部にあるメニューバーの設定→オプション設定をクリックしオプション設定画面(図2)を表示させます。

図2 オプション設定画面

 プラットフォームの時間を「EET(UTC+2時間)」に設定します。

 OKをクリックして終了します(変更することでOKボタンがクリックできるようになります)。

②ダウンロードする通貨ペアの指定とダウンロード (JForex3)

 取引画面のメニューバーから表示→ヒストリカルデータ取得をクリックしてヒストリカルデータ取得画面(図3)を表示させます。

図3 ヒストリカルデータ取得画面

 欲しいデータの銘柄の左側にあるチェックボックスをクリックすると、該当通貨ペアのヒストリカルデータをダウンロードすることが出来ます。その時にビッド、アスク両方にチェックが入りますが、どちらかだけダウンロードすれば問題ありません(私はビッドをDLしました)。

 「時間範囲」は「カスタム」を選択することで、取得したい範囲を指定することができます(図3では「先週」を指定中)。一番古いデータが入っている銘柄で2003年5月からになっています(例:USDJPY)。データが少ない銘柄だと、2012年以降からのみの銘柄もあります(例:USDCNH)。

 ひとまず存在する限りのデータが欲しい場合、始点を1990年のような昔に設定すると、全データからダウンロードできます。

 「期間」は1分に指定します。

 「ダウンロード設定」ボタンをクリックすると、ダウンロード設定画面(図4)が表示されます。保存するファイルの形式(HSTかCSV)と保存先を指定することができます(私はHST拡張子ファイルをDLしています)。

図4 ダウンロード設定画面

 開始ボタンをクリックすると、指定した保存先にダウンロードが開始されます。複数銘柄を指定した場合、上から順にダウンロードされていきます。

 なお、ダウンロードする時にデータが存在しない日付範囲を指定した場合(例えば1990年~1995年などとした場合)、図5のような画面が表れます。

図5 存在しないデータ範囲をDLしようとした際に出る画面例

③ ヒストリカルデータの上書き(Forex Tester)

 Forex Tester(2)のデータセンター画面(図6)を表示し、更新したい通貨ペア(今回はEURJPYとします)を選択します。

 タイムシフトを+3に設定し(forexite導入済み状態で既に+3にしているのであればそのまま)、「ファイルからデータ更新」ボタンをクリックし、図7の画面を表示させます。

図6 データセンター画面

図7 ヒストリカルデータを取り込むための設定画面

 先ほどダウンロードしたヒストリカルデータを「取り込むファイルを選択」で指定し、保存先のパラメータの「取り込む通貨ペア」が指定した通貨ペアであることを確認します。

 初期状態では「時間のシフト」が0になっていると思われるので「3」に変更します。この時、左下のチェックボックスにチェックが入ると思いますが、チェックを外してください。

※チェックをつけたまま上書きすると、既に保存されていたヒストリカルデータ(=forexite社のヒストリカルデータ)が消えます。逆に消したいという場合はチェックをいれたままにしてください。

 次へをクリックすると取り込むヒストリカルデータのプレビュー画面(図8)が表示されます。

図8 プレビュー画面

 取り込むをクリックすると上書きが始まります。

本操作による長所・短所

長所

 前記事にも書きましたが、良質なヒストリカルデータを得ることができ、分析/検証の精度が向上が期待できます(図9参照)。

 また、本手順を踏んで上書きを行った場合、夏時間の範囲に関しては日足が週5本になり、現在主流のチャートと同一の日足チャートが得られます。

(a) forexiteデータ(EURJPY 1分足)

(b) Dukascopy Japanデータ(EURJPY 1分足)

図9 ヒストリカルデータの上書き結果

短所

 冬時間帯の日足が週6本になる問題が今回も解消されていません。

各手法における良し悪し一覧

 前記事(手法1)と本記事(手法2)を組み合わせることで3パターンのデータを作ることができます。各パターンにおける良し悪しを表1に示します。

表1 各パターンにおける良し悪し一覧

 作業時間はかかりますが、パターン3が最も良質な結果が得られます。

 スキャルピングメインの場合パターン2でも十分問題ないと考えますが、スイング主体の場合出来る限り長期間のデータが欲しいところです。

 本記事はこれで終了ですが、次記事では冬時間も週5本にする方法について考えましたので紹介したいと思っています。

つづき:Forex Testerに導入するヒストリカルデータの時間軸修正と質向上に関する考察3

コメント