ダブルの圧力

スポンサーリンク
ブルックス・ボルマン本用語

相場(FX)のマグネット効果と、それを引き起こす大衆心理についての考察(3/3)

※その2(2/3)の続きです。 マグネット効果を引き起こすときの大衆心理のイメージ 一方的なレートの推移が続いているときは、高い確率でダブルの圧力が発生していることは容易に考えつきます。 マグネット効果は、そのダブルの圧力...
ブルックス・ボルマン本用語

相場(FX)のマグネット効果と、それを引き起こす大衆心理についての考察(2/3)

※その1(1/3)の続きです。 マグネット効果を引き起こすパターン例 キリの良いレート(トリプルゼロ、50レベル) マグネット効果を引き起こすメジャーなパターンとして挙げられるのが、キリの良いレートです。 トリプ...
ブルックス・ボルマン本用語

相場(FX)のマグネット効果と、それを引き起こす大衆心理についての考察(1/3)

ブルックス本(プライスアクショントレード入門)ではマグネット効果に関する説明が1章分ありますが(分量は少なめ)、冒頭の文章を読む限り、ブルックスさんはマグネット効果に対して「それほど利用できるものではない」と感じているように見受けられます:...
スポンサーリンク
ブルックス・ボルマン本用語

ダブルの圧力(基本編)3/3

※その2(2/3)の続きです。 ダブルの圧力を利用した仕掛け  ダブルの圧力が発生しやすいパターン(前ページ)にて概要は説明しましたが、この項ではもう少し具体的な仕掛けについて考えたいと思います。 ブルフラッグにおける...
ブルックス・ボルマン本用語

ダブルの圧力(基本編)2/3

※その1(1/3)の続きです。 ダブルの圧力が発生しやすいパターン  ダブルの圧力が発生する前には、典型的なセットアップが複数存在します。  ボルマン本で書かれているパターンは概ねすべて「ダブルの圧力を狙った仕掛け」と...
ブルックス・ボルマン本用語

ダブルの圧力(基本編)1/3

 ダブルの圧力は、ブルックス本ではなくボルマン本で頻繁に登場するワードです。  特に5分足でスキャルピングやデイトレードを行う際は、このダブルの圧力が生じるタイミングを見つけて仕掛けることこそが仕事であると言っても過言ではありません。 ...
ブルックス・ボルマン本用語

バーブワイヤー(barb wire)考察(応用編、3/3)

※その2(2/3)の続きです。 バーブワイヤーにおける売買戦略について  基本編、応用編で合わせて3種類のバーブワイヤー後のパターンについて考察しました。  以上を踏まえた上でバーブワイヤーにおける基本的な戦略について考え...
ブルックス・ボルマン本用語

バーブワイヤー(barb wire)考察(応用編、2/3)

※その1(1/3)の続きです。 パターン2:失敗ブレイクがダマシになるパターン(ダマシのダマシ)  応用編もう一つのパターンは、初動が失敗に終わり、足2が引けるまでは基本編と同じなのですが、足2以降のベア派の仕掛けも失敗に終...
ブルックス・ボルマン本用語

バーブワイヤー(barb wire)考察(応用編、1/3)

 基本編では、ブルックス本で説明されている「バーブワイヤー」において、良くあるとされるパターンについて紹介しました。  本記事では、基本編のようなパターンの他に起こりうるその他のパターンについて紹介し、ブル・ベアがどのような行動を取るかを...
ローソク足

ローソク足について学ぶ前に…為替レートが動く要因について(3/3)

※その2(2/3)の続きです。 機関投資家  我々個人レベルの投機家がブル派とベア派に分かれて攻防を繰り広げたところで、レートは大して動きません。  レートを大きく動かす一番の要因とされているのが機関投資家やファンドといっ...
スポンサーリンク