Forex Tester 4のキャンペーン情報はコチラ
スポンサーリンク

【トレード日記】2019/8/8(木)のポンド円5分足トレード振り返り

 2019年8月5日よりポンド円5分足のデイトレードを解禁しましたので、トレードした日はできるだけ毎日反省の意味も兼ねて内容を記録しようと思います(週報ではなく、日報の予定です)。

 編集のしやすさ等を重視するため、ロット数や収益に関しては割愛しますがご了承ください。

スポンサーリンク

チャート画像

ポンド円 5分足 2019/8/8、ツール:MT4、ブローカー:Dukascopy Japan

※クリックすると拡大して表示できます、右クリックで保存も可能です。

トレード結果

0勝1敗

⇒1回負けトレードになってしまいましたが、内容は悪くなかったと思ってます。

 それより逃したほうが問題ですね…。

反省会

9:00~12:00の相場(日本時間15:00~18:00)

 アジア時間はやや上昇トレンドの動き。

 足1は10:00ちょうどの足で、急に安値を試したかと思ったら上昇して大陽線を記録。逆に当日高値を試しに行く展開になったが、足2で反転。

 高値をブレイクするとしてももう少し先になりそう…という雰囲気を感じたが、結局この日これ以上高値を記録するどころか試すこともなかった。

 足3でブレイクしたトレンドラインを足4で試し反転。足2からの下降スイングの強さからパターンブレイクプルバックの期待が持てたため、足4の次の足で売り。ターゲットは水色線の終点あたり。

 懸念点はトリプルゼロでの反発だったが、懸念が現実となり129円を割ることができず、ダマシの安値を記録して反転。足5で半分決済、3本後に逆指値到達で損切り。

 損切りとなった足が大陽線となっていることから、足4から5の間で売ったベア派がそれなりにいたと考える(で、一斉に買い戻した)。

12:00~15:00の相場(日本時間18:00~21:00)

 足6で(どれだけ意識したかは不明な)トレンドラインをブレイク、足7はトレンドラインに到達してはいないものの、ブレイクポイントを試すプルバックになっていることに後々気づく。

 気づいていれば足7の2本後は売るに値する足だったかもしれない。懸念点は先ほど同様トリプルゼロがネックということ。
 ただ、足6と足7の間で明確にトリプルゼロを割った展開があるため、足4からの仕掛けよりは期待できたのかもしれない。

 仮に足7の2本後の足で仕掛けられなかったとしても、足8のピンバーはブル派のカウンター失敗の体をなしているように見えるため、次の足で売るのもありだったかもしれない。
 パターンとしてはトリプルゼロを抵抗線とするパターンブレイクプルバック。

15:00~18:00の相場(日本時間21:00~24:00)

 足10は、足9から始まった調整のプルバックにおける安値2の足で(厳密には違う…かもしれない、高値1となる足がないため)、1本前の足の上ヒゲがもう少し長ければ仕掛けたいと思う足だった(そうなれば定義上でも明確な安値2の足となる)。

 また、足11は足8同様ピンバーとなっており、この足で仕掛けたブル派は利確しそこなっていることが見受けられる。
 足11の次の足は仕掛ける余地があったかもしれないが、迷った挙げ句見送ってしまった。足7から9の下降スイングに対し、もう少し時間的な意味でフラッグ形成の時間があるのが妥当と判断したため。

 結局のところここで仕掛けるのが正解だったのか、足11以降下ヒゲが長いものの大陰線が2本出現。
 足12の引けで半分、足13で半分利確できていた(水色のラインの終点が、N波達成地点)…かもしれない。

 そこからの流れは昨日の終盤同様カオスでちょっと仕掛けづらい雰囲気。ボラティリティはあるものの、ローソク足が重なっている箇所が多く、方向感が見えないため。

 足14を安値2という根拠だけで何も考えずに売っていたら成功したかに見えたが、次の足が今日最大の下ヒゲピンバーとなっており、利確できず含み損を抱えることになっていた。
 足14で売っていたら、すくなくとも足13の安値あたりをターゲットにしていたと考えられるため、足15の安値付近で利食いする考えは(リワード的にも)おそらくなかった。

 足16(17:00)が寄り付いたあたりで今日はトレードをやめることに。

トレードして思ったこと

 足8の次の足や、足11の次の足で売るのは結果的には正解ですが、ボルマン本的、ブルックス本的にはどうかと言われたら正直疑問です。

 後者は「そもそも足11はブル派が買うところか?」と言われたら、そうではないような気がしますので…(逆に考えると、だからこそブル派の仕掛けが失敗したとも考えられる)。

 まぁ、どこかは取りたかったですね。

さいごに

 明日は17:30頃から参加予定です。影響度がどれくらいあるかわからない忌まわしい英国系指標が終わってからトレード機会を探したいと思います。


  • トレード週報
  • トップページに戻る

コメント