Forex Tester 4現在キャンペーン中!詳しくはコチラ
スポンサーリンク

【トレード日記】2019/8/5のポンド円5分足トレード振り返り

 2019年8月5日よりポンド円5分足のデイトレードを解禁しましたので、トレードした日はできるだけ毎日反省の意味も兼ねて内容を記録しようと思います(週報ではなく、日報の予定です)。

 編集のしやすさ等を重視するため、ロット数や収益に関しては割愛しますがご了承ください。

スポンサーリンク

チャート画像

ポンド円 5分足 2019/8/5、ツール:MT4、ブローカー:Dukascopy Japan

※クリックすると拡大して表示できます、右クリックで保存も可能です。

トレード結果

0勝3敗

⇒初日から蹴つまずきました……。

 最初のトレード(足2)はある程度納得のいく損切り…と思ってましたが、以降の仕掛けは果たして良かったかどうかすら怪しく感じるような仕掛けになってしまい、言葉にならない内容でした。

 FT4と比べゆっくりとした値動きの中、やや食い気味に仕掛けてしまった感があります。

 また、「ここ買うべきじゃないの?」という足(足5)で見送ってしまい最高のチャンスを逃すなど、まだまだ経験が足りないと思った1日でした(今日はこれが全てだと思う)。

 あと、独りよがりなトレンドラインを引きすぎた気がします。3本の上昇トレンドライン(足1から始まるライン、足4近辺から始まるライン、足7と8の間から始まるライン)のうち、大衆が意識していたのはおそらく足1のマゼンタのラインだけなんじゃないかなと、一回サラにしてから引き直してて思いました。

 最初のうちはこういうミスを繰り返すだろうなぁとは思っていましたが、いざ現実になると残念な気持ちです。

 以下反省会です。

反省会

9:00~12:00の相場(日本時間15:00~18:00)

 9時の時点で強い下降トレンド。エントリーできそうな足がなかったが、足1でベアフラッグを下抜け。

 足2をパターンブレイクプルバックのトレンドフォローの仕掛けを行うも反発して、5本後に損切り。

 足1のパターンブレイク後のプルバックは「パターンブレイクプルバック」にしては勢いが強く、またトレンドラインを大きく上抜けして引けているため、改めて見るとシグナル足としては微妙だったかもしれない。

 足3は、英国PMI(サービス部門購買担当者景気指数)の発表時の足で、使用したMT4ではギャップが開くほどの強い買いが入った。

12:00~15:00の相場(日本時間18:00~21:00)

 足4は定義上高値1の足で、この足をプルバックの反転の仕掛け足として買うにはやや早いという印象。結果的には成功。
 足4の1本前の足が、実質的な高値1の反発の上ヒゲと解釈できれば、足4を実質高値2と推定できたかもしれない。…とはいえ、EMAとの距離感や実際高値1であることから買わないと判断したことに関しては悪くはないと考える(これを仕掛けるようになったら、今度似たような仕掛けで何度も損切りを食らう気がするため)。

 もし買った場合、N波動(足1~3の値幅を足4から測定)を意識したN値100%地点か、トリプルゼロ到達で利確できそう。短時間でかなりのリワードが得られたトレードにはなったが…。

 次の足5は正真正銘定義上高値2の足で、プルバックの反転として買えば成功していた。ここで買えなくても、足5以降で引ける上昇トレンドラインを意識して足6あたりで買うこともできたかもしれない(このあたりでエリオット波動の第5波が意識できてはいた、そして足6~7がそれに相当する印象)。

 このとき、129円を超えたあとのプルバックの勢いが強く、高値1が明確にミクロトレンドラインをブレイクしていないと考えたため、高値2で買うのは危険で、むしろ高値2が失敗した後に売れると考えていた。

 しかし、そもそもそれ以上に上方向の勢いが強く、結果的に足5で買うのが正解となった模様。

 足5、または足6での買いポジションは、足7の引けがちょうど直近高値到達とRR比的にちょうど良いと考えられるため、全ポジション利確でもいい印象。

 足8が直近高値と、2本前の安値に対するダマシの高値になっており、スキャルピング狙いなら、次の足で売るのはありかと考える。5分足と15分足でダブルトップのダマシになったと解釈できそう。

15:00~18:00の相場(日本時間21:00~24:00)

 足9の直近高値ブレイクが結果的にティーズブレイクとなり、足7~9でスリープッシュを形成。上昇トレンドラインを明確にブレイクした足10をパターンブレイクおよび失敗ブレイクのトレードと考え、売り。

 仕掛け足はこれ以上ない陰線を形成して勝負あった…かに見えたが、足4と足5を結んでできるメインの上昇トレンドラインに対してティーズブレイクになる形で再上昇し、損切り。
 足9から足10の間がティーズブレイク調になっており、先に上方向に抜けたあと下に抜けた印象もあっただけに残念。

 その後上昇した足11がまたティーズブレイクとなり下落。足12で再度上昇トレンドラインをブレイクしたためエントリー。ダマシの上昇もダマシになり、2回目の下抜けとなったため信頼できると考えたが上手く行かず、損切り(手動)。

 この時点で米国ISMの発表が迫っていたのでこれで今日はトレード終了とした。

トレードして思ったこと

 絶好の仕掛け足で見送り、どうでもいいと言ってもいいかもしれない足で仕掛けてしまっているのは、やはり技術不足だと感じられました。
 あと、「FT4なら23時にISMの発表があるって分かっていて、足10や足12で仕掛けていただろうか…?」というのも思いました。

 損切りを繰り返す中で、「もっと検証を頑張らないといけない」と強く思いましたので、明日からはもっと気持ちを入れて検証に臨もうと思います。

 まずは今日の分のヒストリカルデータを手に入れて、見直すところからやろうと思います。
 あと、リアルタイムのティックレベルの動きと、1分足レベルで生成されるForex Testerでのティックの動きの違いをちょっと意識してチェックしようと思います。

さいごに

 正直なところ、やる前から「どうせ負けるだろうな~」と思っていました。

 検証では結果が得られたものの、まだリアルタイムのトレードでは結果を残せてない私がそういとも簡単に勝てないだろう……という風に考えていたからです。

 そして終わってみると、悔しくて涙が出そうになりました。この悔しさは相場を張る限りは忘れてはいけないと思いました。

 とりあえず早く1回理想的なトレード(利確)を完了して、検証はムダではないと実感できればなと思っています。いきなり結構な損失を生み、内心気持ちが焦っています。


  • トレード週報
  • トップページに戻る

コメント

  1. 星野龍一 より:

    僕もここのところ連敗が続いています。

    理想的なトレードができなくて、悔しくて涙が出そうな気持ちが痛いほどよく分かります。
    僕も負けが続くと、本当に死ぬほど悔しいです。

    でも、僕はこの負け続けている時期こそ成功の基礎を築き、道を照らし、進むべき道を示してくれているのだと思います。

    この悔しさをバネに寝食を惜しんで勉強し、負けたトレードを検証し、思考過程と手法を修正していくことで、成功への頂きへと進むことができるのだと信じています。

    明日に向かって一歩でも前進するために共に頑張りましょう!!

    • MC より:

      星野さん

      こんにちは、コメントありがとうございます。

      あくまで私の個人の見解ですが、
      「検証通りにエントリーし、そして損切りに至る(=負ける)」
      こと自体は悪くないと考えています。

      これを悪いと言ってしまうと「勝率100%だけが正義」となってしまい、
      論理が破綻してしまうからです(100%の手法は存在しないと思っています)。

      私が涙が出るほど悔しいと感じたのは、
      「それなりの時間をかけて検証を行い、検証上では成果を上げたにも関わらず、
      リアルトレードになると検証通りに仕掛けられてない(そして損切りに至っている)」
      という現実に直面したことに対してです。

      「もしかしたら一生(安定して)勝てないのではないか?」、
      そう思うと腹が立つを通り越して自分の運命を恨みそうになりましたが、
      機会損失を恐れて焦ってエントリーしてるだけだと考えたら
      「単なる経験不足だな」という結論に現在は至っています。

      まだしばらくのうちは、結果はともかく
      「しょうもないトレード」をやらかしそうな気がしていますが、
      今思えば検証を始めた直後もそんな感じでしたし、速度感の違いに順応しだしたら
      (+2, 3のトレードルールを追加したら)徐々に結果も出てくるだろうと
      極力好意的に捉えています(内心、心はどんよりしていますが…^^;)。

      とりあえず健康面だけをお気をつけて、お互い頑張りましょう。