【速報】Forex Tester 4発売決定!一番安く買う方法を紹介
スポンサーリンク

私のフォレックステスター(FT2, FT3)検証履歴|挫折の繰り返しから得たものについて

 私が現在のトレード手法をForex Tester(フォレックステスター)で検証するようになるまでの挫折の過程を紹介します。

 Forex Testerを購入して使うようになったのは2016年の5月からです。まだ当時はFT2(Forex Tester 2)でした。

 改めて振り返ってみると、結構いろいろな手法をFT2で試していることに気づきました。そしてほぼ全ての手法は失敗に終わっています

 今の知識なら言えそうなのは、「どの手法も勝てても不思議でない(仕掛け方と利食い方次第で)」ということ、そして検証の仕方があまりにも悪すぎたという2点に尽きます。

 これからForex Testerを購入して検証を始める方がムダにつまづかないように、本記事では手法というよりは経験談や感想をメインに紹介したいと思います。

※本当は今までに検証を行った全手法を書くつもりでしたが、1つ目の手法をかき終えた時点でかなりの分量になる(3万字は超えそう)と判断したため、割愛してご紹介します。
ちなみにこの記事は現在約7000文字ありますので、時間のあるときに読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク

2016年5月、Forex Tester 2購入。そのきっかけ

Forex Tester 2の画面。今でもヒストリーデータを使うためにたまに起動。

Forex Tester 2の画面。今でもヒストリーデータを使うためにたまに起動。

 私は2016年5月4日にFT2のライセンスを購入しました。

 当時ちょうど独立に向けて動き始めていた頃で、専業トレーダーになるという気はなかったのですが、自営業になったら24時間自由に使えるということもあり、トレードは仕事の候補(副業)でした。

 そして、FT2を買うに至ったのは、その当時私がネット上で見ていた「凄いトレーダー」が繰り返し言っていた「バックテスト(検証)しろ」という言葉からです。

 その人はポンド円オンリーで移動平均線すら一切ないローソク足だけのチャート(グリッドは引いていたかも)に水平線(サポート・レジスタンスライン)を行い、ほぼ5分足でエントリーとイグジットを行っており、かなりの高い勝率と異常なまでのPF(プロフィットファクター)を現実のチャートから叩き出していました。

※PF(Profit Factor):利確額と損切額の商、一定期間の成績で利確が100万、損切が10万だと、100/10でPF=10となる

当時見た凄いトレーダーのチャートイメージ(陽線と陰線の色が逆かも)

当時見た凄いトレーダーのチャートイメージ(陽線と陰線の色が逆かも)

 私の知る限りでは、数万円スタートでわずか1年かからずに億まで到達した(海外口座使用)そうなのですが、後に他人の提案でプロップファームを設立、そしてそのプロップファームが破産になりいろいろと押し付けられ多くの損害を被ったようです。
 今はトレードしているかわかりませんが……今調べてみましたが、昔あった動画は消えていました。

彼(の動画)から学んだこと

 手法そのものは当時の自分の知識では全く学ぶことができませんでしたが、唯一現在も適用しているルールが1つだけあります。それは、「必ずストップ(逆指値注文)を入れる」ということです。

 ストップのないトレードは多かれ少なかれ破滅を迎えるということ、そしてストップを設定できない(しない)トレードは「根拠ないけど仕掛けてます」と言ってるようなもので、トレードというよりただのギャンブルだからです。

 これで破産からはかなりの確実で逃れることができます。ただ、「精神状態を崩壊させてしまうと破産に大きく近づく」、ということも後々彼に教わることになったのですが……

検証手法1:ポンド円の水平線トレード

 ……というようなきっかけもあり、私も最初はポンド円オンリー、4種類の時間足(M15, H1, H4, D1)を表示させて意識されていそうな高値・安値に水平線を引き、そこをブレイクしてからプルバックして水平線にあたった瞬間にブレイク方向に仕掛けるというトレードを最初に検証しました。

 ちなみに、この手法は、上記の彼の手法とは全く異なります。

 早い話が「パターンブレイクプルバックみたいな手法」ですが、ボルマン本のパターンブレイクプルバックとの違いを挙げるとすると、ブレイクポイントまでプルバックしてから再度反発が起こる前に仕掛けているというところです。

当時検証していた手法イメージ。こんなザルな手法でも収支は浮いた。

当時検証していた手法イメージ。こんなザルな手法でも収支は浮いた。

 売りの場合、仕掛けた時点での直近高値に逆指値を置き、その2倍の距離のところにtp(指値)を置きます。そして損切りするか利確するまで一切ノータッチという塩梅です。

 1トレードあたりのリスクリワードレシオ(RR比)は2固定です(勝率5割ならPFも2に収束)。

 ロット数は損切り時に残高の1%が失われるようなロット数を計算して決定していました。トレードによってはストップまでが10pipsだったり80pipsだったりしたため、ロット数固定では損失の幅が広すぎたからです。

 このロット数の決定法は当サイトで記事(下記)にもしていますが、当時から無意識のうちにやっていたようです。

※関連記事:相場(FX)で億単位の資産を構築するための現実的な資金管理の考え方とルール作りについて

この手法の結果と問題点

 この手法でとりあえず半年分検証を行ったのですが、なんと結果はプラス収支でした。要は、手法としては通用するということが言えます。

 ズブの素人がサポレジを引いて、そこを抜けて戻ってタッチしたら仕掛ける……なんてレベルのトレードでも勝ててしまう(収支が浮く)というのは、今考えると「まぁ別に不思議じゃないよね」と思うのですが、当時の自分には衝撃的でした。

 「億万長者なれるやん」と(短絡的志向)^^;

 ただ現在この手法は結局使っていません。理由は3つほどあります。

 1つ目の理由は、精神的にキツかったというものです。要は「勝てはするんだけど、勝っても負けてもトレードそのものがツラかった」という感じです。

 というのも、プラスとはいえPFは1.5くらいでした。勝率は5割を切っており、負けのほうが多いことが1.5という数字からも伺えます。

基本的な損切られパターン。

基本的な損切られパターン。

 今なら「勝率2割でも浮くならええやん」と思えるのですが、当時の自分は勝率の低さが精神的なダメージを強く受けていました。

 行けると思って仕掛けたトレードが何度もストップに刺さる、RR比2.0の決め打ちなので利確直前まで行って反発して損切り……ということもしばしばありました。

 それを延々と眺めるのは思っている以上にキツいです。

 2つ目の理由は、「24時間フルにトレードをした結果がコレ」という問題です。

 当時は「ロンドン時間に絞ってやる」というような考えはなく、FT2ぶんまわしで実質「24時間一睡もせずにトレードをしている」に等しい条件で検証を行っていました。

 リアルトレードでも全く同じようにやれば似たような結果が得られる……わけですが、少し非現実です。

 そして3つ目の理由が、「もっと高いPFが出る手法を作りたい」と思ったからです。

 本当に勝ってるとされる人は、検証では10とか20とかいうPFを得ています。PF=10だと、10万損切りするまでに100万利確している(この例だと90万の利益)ということになります。

 PF=1.5だと物足りない……と当時思った私は、別の手法に着手するようになりました。

 そしてここからが泥沼です。

検証手法2:複数のMAを使った自動売買的感覚のトレード

 おそらくこの時期だったと思うのですが、ゾーン(マーク・ダグラス著)を読んで、以下にメンタルが大事であるかということを学んだ末に「自動売買化できるような手法でないといけない」という考えに至りました。

 そして考えたのが、大量の移動平均線(MA)を用いた手法です。

※ご参考

 例えば、3本MAから30本MAまで1本間隔でMAを表示させ(=28本MAが出ている状態)、高値から順に3本MA、4本MA、…、19本MA、20本MAとなっているとき上昇トレンドと判断して買い、逆のときに売りというアホみたいな手法です。

当時のチャートイメージ。移動平均線が28本。見て思うのは「レインボーがキレイだなぁ」くらい(笑)。

当時のチャートイメージ。移動平均線が28本。見て思うのは「レインボーがキレイだなぁ」くらい(笑)。

 もうすこし本数を減らしたバージョンが、かの有名なGMMA(Guppy Multiple Moving Average、”Guppy”は考案者のニックネーム)ですが、私はその何倍もの本数を表示させて取引しようとしていました。

 結果は割愛します。^^;

トレンドが強いとMAが美しく、レンジになると汚らしい(ローソク足がよく見えない)。

トレンドが強いとMAが美しく、レンジになると汚らしい(ローソク足がよく見えない)。

たぶん、こんな手法でも勝とうと思えば勝てると思うんです(エントリーとイグジット次第)。まあ今は(少なくとも裁量では)やろうとは思いませんが……

スキルアップから聖杯探しへ

 このあたりからしばらくのうちはいわゆる「聖杯」に近いものを追い求めていたような感じがします。

 勝率100%……はいかずとも、「利確かトントンか」みたいなリザルトが残せるようなエントリーにしかならない手法を作ろうと躍起になっていました。

 自動売買ソフト(EA)を作るスキルもあるので、それと並行して行っていたのですが、これも今思えばスキルアップの妨げになったような気がします。

 EAに関しては、経済的・精神的に余裕ができればまた作ってみたいと思っています。
 が、今のところは裁量トレードのスキルアップ(と本業)に全力を注いでいるので、やるとしても未来の予定です。

検証手法3:プライスアクション(もどき)トレード

 ついにブルックス本とボルマン本に出会い、本格的なプライスアクションの勉強を始めてから実際に検証を行ってみた結果、全く利確ができなくなりました

 単に理解度が浅く、ランダムウォーク状態のところで仕掛けたり、本来買うべきところで売ったりしていたことが原因かと思われます。

 用語の意味もよく分からないまま、とりあえず文字通り文章を1回読んだだけではなにも知識として入ってなかったのだろうと思います。

 いつしかこの頃からフォレックステスターを使って検証をしなくなってきます。

※関連記事:「プライスアクショントレード入門」の読み進め方についての考察
 私は最初に「ローソク足の法則」(緑の本)とボルマン本(FX5分足スキャルピング)を買ってローソク足の法則から読み始めたのですが、正直「先に『トレードの法則』(赤い本)買っときゃよかったなぁ」と思っています。
 先日ひさしぶりにローソクの法則を読んだのですが、いまだ理解し辛いところが多いです。「内容一緒」という方も結構いらっしゃいますが、私は「トレードの法則」のほうが分かりよい内容だと感じています。
 それよりもとっつきやすいのがボルマン本でしたが。

検証手法4:サイクル理論を根拠としたトレード

 環境認識手法としてサイクル本を薦められ購入し、しばらくは検証というより分析ばかりする日々が続きました。

 8通貨ペアくらい(ドルスト系とポンド系通過)をそれぞれ5年分はアルファサイクルまで分析していたと思います。

 そうするとサイクルの「平均値」がだいたい分かるようになるのですが、それを利用して「そろそろ底が来ると思われるタイミングで買う」というような手法を検証&実践したところ、物の見事に負け続けました。

サイクル分析はあくまで相場分析のものであって、手法として使うべきではない

 理由は簡単で、ただの逆張りだからです。純粋に勝率の低い仕掛けをし続けて、負け続けて、メンタルが破壊されて終了しました^^;

 サイクルに関する記事にも書いていますが、サイクルはあくまで環境認識でしかなく、それを手法にすると痛い目に合う(チャネルの底で買って、新たな安値切り下げで損切をし続ける日々が続く)ということを理解しないといけません。私は身をもって体感しました。

 サイクルの分析だけでかれこれ3ヶ月弱は消費しました。
 正直言ってこの期間に関しては「ほぼ無駄」の一言で済ませても過言ではないのですが、なんとか「あのときの努力は無駄でなかった」と言える日が来るよう頑張りたいです。

検証手法5~?:ボルマン本 or ブルックス本の内容的トレード

 結局プライスアクションに立ち返り、ボルマン本でいうパターンブレイク、パターンブレイクプルバックでエントリーできるための検証を再開しました。

 今でもビルドアップからのパターンブレイクは相変わらず勝率が低いです。単純に出現頻度が少ないため(EURUSDに関して)個人的にはオススメしないです。

 ただ、数をこなすと不思議な事に徐々にPFが1未満から1以上になるところまでは復帰しました。

 でも、この時点で最も良かったかもしれないトレード手法は一番最初のポンド円の検証かもしれません。

現在何をやっているか

 具体的な手法というよりかは、片方の集団(ブル派 or ベア派)の仕掛けが失敗に終わり、ダマシの足が出現するところを早期に見つける練習を行っています。

 そしてそこでもう1つなんらかの根拠があれば(トレンドラインで反発、ブレイクアウトなど)仕掛けて様子を見る(もしくは仕掛けたと仮定して観察する)……といったことを行っています。

 一言で言うと「ダブルの圧力で仕掛ける練習」です。

ティーズブレイクからのパターンブレイク例。単にパターンブレイクするよりもダブルの圧力発生確率は高まる(あとトレンドも考慮)。

 ここまでいろいろな手法を紹介してきましたが、総称して言えそうなのは、「ダブルの圧力が発生しているときに仕掛けられれば、勝率もPFもアップする」ということです。

 片方だけの仕掛けでなく、もう片方の仕掛け(損切)があるからこそ大きくレートが動く……この境地にたどり着くまでに結構な年月がかかりました。

 今はそれを極めるためにフォレックステスターを回しています。

1日1時間でも検証し続けるだけで全然見違える

 2019年に入ってからあまり検証ができていませんでした。

 6月に入ってから「とにかく1日1時間」を最低目標に検証を行っています。

 できない日もありますが、検証した日は必ずと言っていいくらい「気づき」と「成長感」が得られます。(あくまで「感」ですが)。

 成長感があることで次のトレードが「きっとうまくいく」という精神状態で仕掛けられる(失敗に終わっても「想定の範囲内」で片付けられる)ので、そこは成功するためには重要なファクターだなと感じています。

「感」だけでなく「兆し」もあり

 「あ、これ下落するんちゃう?」と思った次の足で大きく下がったり、下がったと思ったらダマシになって大きく上がったり……という感じで、値動きが出始める兆候を徐々につかめるようになってきました。

 現在は4時間足で見ていますが、トレード機会を増やす+より良い条件でのエントリーを狙う意味合いで今後は1時間足も見ていこうと思ってます。

 どちらにせよ、「4時間足だけで仕掛けたいという場合でも、1時間足を見て4時間足がどう形成されたかを確認する必要がありそう」という考えに今は達しています。

 あと、複数の知識が1つにつながった瞬間のブレイクアウト感もありました。

 具体的な内容は長くなりそうなので割愛しますが、oiiのような展開とネックラインの関係から今まで仕掛けられれば良いのに根拠が言えない……というような足に明確な根拠が見つかるようになり、ものすごい可能性を今は感じています。

 あとはリアルで結果を残すだけ、ただその前に検証で圧倒的なリザルトを残すと意気込んでいます。

さいごに

 そんな感じで、「やっぱ検証って大事だな」と思わされています。と同時に、「検証で結果も出さず(出せず)に、よくリアル口座でトレードするな…」と自戒の念にかられています。

 「検証せずにトレード」は別分野で言うと、富士山にすら登ったことのないヤツが「エベレスト登頂するで!」って言ってるような感じでしょうか。危険すぎますし無謀だと自覚しないといけません。

 4時間足や1時間足のような比較的時間単位が長めの足でトレードするにしろ、5分足や1分足でスキャル的トレードをするにしろ、スキルアップにかかる時間はそれなりに膨大です。

 MT4やリアルチャートを使ったデモトレードも悪いとは言いませんが、明らかに効率が悪いので、私はForex Testerのような検証ソフトをオススメします。

Forex Tester公式サイトへ


コラム
スポンサーリンク
MCをフォローする
スポンサーリンク
FXプライスアクション研究所

コメント