【速報】Forex Tester 4発売開始!現在100ドルOFFキャンペーン実施中!
スポンサーリンク

FT4の新機能「新規のヒストリーのダウンロードとアップロード」使用時に気をつけたいこと

 本記事では、フォレックステスター4(FT4)に備わった表題の新機能について、使い方と注意点をまとめました。

 便利な機能ではありますが、使い方によっては入れたくないデータを入れてしまうおそれがあるので、使い方には要注意です。

スポンサーリンク

はじめに

新機能はタスクバーのプロジェクトから選択可能。

新機能はタスクバーのプロジェクトから選択可能。

 FT3では一度プロジェクトを作成すると、そのプロジェクトにローソク足(ヒストリカル)データを追加することはできませんでした。

 そのため、「毎週土日に今週分の値動きをFT3で復習しよう」と思ったら、毎週プロジェクトを新規で作成する必要がありました。

 FT4からは表題の新機能「新規のヒストリーのダウンロードとアップロード」が加わり、すでに作成済のプロジェクトに後付でローソク足データを追加できるようになりました

 しかし、この新機能は使い方によってはインポートしたくないデータ(≒Forexite社データ)をインポート&プロジェクトに追加されるおそれがあります。

 別記事の要領でデューカスコピー・ジャパン社のデータを導入しておられる方は特にご注意ください。

Forexite社のデータは2001年1月から先月末分まで広範囲のデータがインポート可能である反面、データの質にやや問題があるため注意。上画像の境界線の右側がForexiteのデータ(1分足)、左側はDukascopy Japan社のヒストリカルデータ。

 有料データ(スタンダードサービス or VIPサービス)を利用されている方、100%Forexiteのデータを利用されている方は、当記事で紹介する注意点について特に気をつけることはないと思います。
Basicサービスに加入&外部からデータをインポートしている方が主な対象です。

ケーススタディ

 考えられそうな様々なケースで「新規のヒストリーのダウンロードとアップロード」を行うとどうなるか紹介します。

ケース1:新規のヒストリーのダウンロードとアップロードができないパターン

☆ケース1
  • データセンターにインポートしている期間:2017年3月1日~2019年3月31日
  • プロジェクトに加えた期間:2018年1月~2018年12月31日
  • 現在の日時:2019年6月21日
  • ヒストリーのブローカー:Advanced Data Feed
  • 備考:データに課金してない(Basicサービス

 まず上記のように、BasicサービスだけどAdvanced Data Feedに設定している場合、インポートしている期間などに関係なく新規のヒストリーのダウンロードとアップロードが使えません

 使おうとすると、以下の画面が表示されます:

Basicサービスの人がAdvanced Data Feedに設定された状態で新機能を使った場合に表示される画面。

 Basicサービスの方が新規のヒストリーのダウンロードとアップロードを行うには、ヒストリーのブローカーをForexiteに設定する必要があります。

 データセンターのヒストリー内にある「ブローカー」をAdvanced Data FeedからForexiteに設定すると、使えるようになります。

ブローカーの選択肢は基本2つ。

ブローカーの選択肢は基本2つ。

設定時になにか警告文が出るが、気にしなくてもOK(キャンセルを選んでおけば設定が変えずに変更が終えられる)。

設定時になにか警告文が出るが、気にしなくてもOK(キャンセルを選んでおけば設定は変わらない)。

ケース2:インポート済のデータが追加されるパターン

☆ケース2
  • データセンターにインポートしている期間:2018年11月5日~2019年6月14日
  • プロジェクトに加えた期間:2018年11月5日~2019年3月8日
  • 現在の日時:2019年6月21日
  • ヒストリーのブローカー:Forexite
  • 備考:データに課金してない(Basicサービス)

 プロジェクト作成後、新しいデータをインポートした場合に起こりうるケースです。

 このような場合に新規のヒストリーのダウンロードをアップロード行うと、プロジェクトには3月8日以降のインポート済データが全部入ります

新機能の追加によって最もメリットを感じるケース

新機能の追加によって最もメリットを感じるケース

 特に問題はないケースで、新機能を一番有効利用できるパターンです。
 FT2でいうヒストリーモードに近い使い方(インポート済みデータをチャートで観察)もできるようになります。

ケース3:Forexiteのデータが入っちゃうパターン

☆ケース3
  • データセンターにインポートしている期間:2018年11月5日~2019年3月8日
  • プロジェクトに加えた期間:2018年11月5日~2019年3月8日
  • 現在の日時:2019年6月21日
  • ヒストリーのブローカー:Forexite
  • 備考:データに課金してない(Basicサービス)

 ここからのケースが要注意です。

 上記のようなパターンで新機能を使うと、3月8日~5月末までForexiteのデータがインポート&プロジェクトに追加されます。

Forexiteのデータをインポートしている方には問題ないが、別サイトからデータをインポートしている方はForexiteデータと混同してしまう。

Forexiteのデータをインポートしている方には問題ないが、別サイトからデータをインポートしている方はForexiteデータと混同してしまう。

 Forexiteのデータは先月末までのデータがインポートされます。
 現在の日時が2019年6月21日の場合、2019年5月末までのデータがインポートされます。

ケース4:インポート済データ+Forexiteデータが追加されるパターン

☆ケース4
  • データセンターにインポートしている期間:2018年11月5日~2019年3月8日
  • プロジェクトに加えた期間:2018年11月5日~2019年1月31日
  • 現在の日時:2019年6月21日
  • ヒストリーのブローカー:Forexite
  • 備考:データに課金してない(Basicサービス)

 プロジェクトに設定した期間がインポート期間の一部という場合、インポートしている期間まではそのデータが使われ、それ以降の期間はForexiteのデータで補完されます。

  • 2月1日~3月8日のデータ:インポート済のデータがプロジェクトに追加
  • 3月8日以降~5月末のデータ:Forexiteのデータをインポート&プロジェクトに追加

不足分はForexiteデータで補われる

不足分はForexiteデータで補われる

ケース5:プロジェクト期間以前のデータは……追加されない

☆ケース5
  • データセンターにインポートしている期間:2018年11月5日~2019年6月14日
  • プロジェクトに加えた期間:2019年4月1日~2019年6月14日
  • 現在の日時:2019年6月21日
  • ヒストリーのブローカー:Forexite
  • 備考:データに課金してない(Basicサービス)

 プロジェクト開始後に、「過去のデータを入れたいなー」と思い、新機能を適用してもプロジェクト期間より前のデータは入りません

 よって、このケースで新規のヒストリーのダウンロードとアップロードを実施しても、何も追加されません

新機能でプロジェクトに追加できるデータは、終了期間以降のみとなる。

新機能でプロジェクトに追加できるデータは、終了期間以降のみとなる。

さいごに

 個人的に、Forexiteのデータが入ってしまうことがあまり好ましくないため、いろいろ実験を行ってみました。

 記事を書きつつ「ややマニアックな内容だな」と思ったのですが、参考になる方がいらっしゃれば幸いです。


  • Forex Tester 特集
  • トップページに戻る
Forex Tester
スポンサーリンク
MCをフォローする
スポンサーリンク
FXプライスアクション研究所

コメント