失敗ブレイクからのトレード(tff)の基本的性質とトレード戦略(2/3)

その1(1/3)の続きです。


スポンサーリンク

失敗ブレイクからのトレードとトレードパターンとの融合例

失敗ブレイクからのトレードの典型パターンを、別記事にて紹介しているボルマン本のトレードパターンと示し合わせて説明します。

失敗ブレイクからのパターンブレイク

失敗ブレイクからのパターンブレイクとして最も考えられるパターンは、上図のようにパターンブレイクの直前に、ブレイクの逆方向へ相場が推移するパターンです。

フラッグ期間におけるトレンドライン近辺でのショートは、より短い時間足で見たら順張りのショートに見えて、仕掛ける余地があるのかも知れません(スキャルパーはそうして利益を得ているのかもしれない)。

しかし、大きい流れは上方向であるため、一部のベア派の積極的な仕掛け量を上回るブル派の仕掛けが入り、パターンブレイクが決まる……という典型的なケースです。

最近では、この「失敗ブレイク」の値動きを起こしているのは、できるだけ安値で買いたいブル派の機関投資家なのではないかという憶測もあります(要検証だが、検証不可能)。

仕掛けるタイミング

失敗ブレイクからのトレードとして仕掛ける場合、意識するポイントは、ブル派の多くが仕掛ける(もしくは仕掛けている)と同時に失敗ブレイクで仕掛けてしまったベア派が降りるタイミングで仕掛けることです。

上図の場合、失敗ブレイクで仕掛けたベア派の最後の逃げ場は、大陰線(ベア派の仕掛け足)の高値の更新時(候補1)と考えるのが妥当です。

高値更新と同時に多くのベア派は買い戻すか、その足の少し上に設定した逆指値に到達したら切れるように設定するのが常識的なトレードです。

そのため、失敗ブレイクからのトレードの仕掛けは、ベア派の仕掛け足の高値更新時となります。

単にパターンブレイクで仕掛ける場合は、ベア派の損切りタイミングより少し下のレート(候補2)で仕掛けることになります(ブレイクポイントがベア派の仕掛け足よりも少し低いため)。

約定値はより良い条件になりますが、この場合、ベア派の多くはギリギリではありますがまだポジションが生き残っているため、ダブルの圧力が得られる前で仕掛けることになります。

逆指値(ストップ)の設定場所をどうするか

上記の仕掛けに対して考えられる逆指値の設定場所は、以下の2点です:

まず最初に考えられるのは、ダマシの安値の下です。

約定レートから遠い分勝率は上がりますが、(損切り時に失う資産を一定にしている場合)ロット数が小さくなるため、リワードが悪化する点がデメリットです。

ある程度長い期間ポジションをスイングしようと考えている場合だと、この設定でも悪くないと思いますが、スキャルピングのつもりで仕掛けるのであれば少し遠すぎると考えます。

次に考えられるのは、仕掛け足の1本前の足(シグナル足)の安値の下です。

ブル派の多くはこの足かトレンドラインをブレイクした足のどちらかで仕掛けていることが考えられるため、失敗ブレイクからのトレードが失敗に終わるといえるタイミングは、シグナル足の安値を下抜けたところと考えるのが妥当です(ここで概ね降りて、ベア派がショートを仕掛ける)。

ダマシの安値の下に置くよりも勝率は落ちますが、ストップが約定レートに近い分ロットを多く張ることができ、成功時のリワードは大きくなります

失敗ブレイクからのプルバックの反転

下図は、下降トレンドにおける失敗ブレイクからのプルバックの反転の仕掛けの例を示しています:

下降トレンド中に起きたプルバックに対し、積極的なブル派が足1や足2でトレンドのブレイクを目論んで仕掛けたもののダマシとなり、逆に足3でプルバックの反転のトレード機会が発生しています。

上図の例で特に注目したいのは足2です。

足2が寄り付いてからブル派が仕掛けたことが上ヒゲから分かりますが、この足が引けるまでに反転し、最終的に陰線で引けていることから、(特に)足2で仕掛けたブル派の大半は、利確できずに追い込まれていることが想像できます。

足3が足2の安値を下回ったところで仕掛ければプルバックの反転の仕掛けパターンとなり(上図のパターンであれば、ここでの仕掛けもそれなりの勝率が期待できる)、足1の安値を下回ったところで仕掛ければ失敗ブレイクからのトレードといえます(足1の安値を下回ったところでブル派の大半が降りると考えられるため)。

仕掛けに対して、損切りの候補は大きく3箇所あります(下図)。遠ざければ遠ざけるほど勝率は上がりますが、その分リワード(レシオ)が下がるため自身の感覚や性格に合わせて設定することをお勧めします。

プルバックの反転の仕掛けの成功率を上げるには、上図のような逆方向への仕掛けが失敗に終わった展開が確認できた上で仕掛けることが重要です。

プルバックの反転か、パターンブレイクか

失敗ブレイクからのプルバックの反転は、見方によっては失敗ブレイクからのパターンブレイクの構図と似ています。

正直なところ、パターンブレイクなのかプルバックの反転なのかはどうでもよく、初動のブレイクが失敗に終わった後に何らかのカウンタートレードができるセットアップがあるかないかだけが問題です。

失敗ブレイクからのパターンブレイクプルバック

パターンブレイクプルバックは、パターンブレイクのところを無視すれば、プルバックの反転のパターンとほぼ似ています(下図右)。

プルバックが一度ブレイクしたトレンドラインを再度ブレイクし返し、それが失敗に終わって失敗ブレイクからのトレードへ流れるのがパターンブレイクプルバックです。

プルバックの反転も、概ねミクロトレンドラインを事前にブレイクしたあとに生じるプルバックの反転であるため、パターンブレイクプルバックの仕掛けの大半はプルバックの反転の一部であるという理屈が成り立ちます(あとはトレンドラインの規模の違い程度)。

そのため、失敗ブレイクからのプルバックの反転パターンを理解すれば、失敗ブレイクからのパターンブレイクプルバックの仕掛けも理解したと同義で捉えていただいて問題ないと考えます。



コメント