【速報】Forex Tester 4発売開始!現在100ドルOFFキャンペーン実施中!
スポンサーリンク

ボルマン本で登場するプルバックの反転の基本的性質と仕掛けパターンについて

プルバックの反転は、ボルマン本で出てくる用語です。

私は、このプルバックの反転を極めることこそ相場の本質を究めることと言っても過言ではない、というくらい重要な要素だと考えています。

理屈自体はそれほど難しくなく、むしろ簡単で、話を聞くだけだとスッと頭に入ると思います。

しかしながら、これをリアルトレードで実践するのは非常に難しく、途中で諦めたり「でたらめな理論だ」と結論づけて別の道に走る人も多くいるのではと思います。

本記事では、そんなプルバックの反転の基本的性質、セットアップパターンから仕掛けパターンまでを説明します。

終盤では、数ヶ月の検証とトレードで実感した、王道のプルバックの反転パターンも公開します。

 本記事は、ボルマン本(FX5分足スキャルピング)やブルックス本(プライスアクショントレード入門)の内容から得たものに対する、FXプライスアクション研究所独自の解釈が含まれています。
 ボブ・ボルマン氏、アル・ブルックス氏ら本人による分析、トレード手法を学びたい方は、書籍をご確認ください。

目次

スポンサーリンク

プルバックの反転(通称:pr)の特徴

「プルバックの反転」という言葉自体は、その名前の通りプルバックが反転した部分を指しています。

トレンド方向に進んでいた相場が、主に推進側の利確と調整側のスキャル(短期間)の仕掛けによってプルバックが発生する……と考えられています。

その後、再びトレンド方向に相場が推移したタイミングプルバックの反転です。

ボルマン本では、このタイミングでの仕掛けをプルバックの反転と呼び、第9章の連続した日中チャートでは、チャート上に記号としてprと表記しています。

基本的に順張り

プルバックの反転は、基本的に順張り(トレンドフォロー)の仕掛けです。

言い方を変えると、プルバックの反転とは押し目買い戻り売りのことを指しています。

トレーディングレンジにおけるプルバックの反転は、考え方によっては逆張りとも言えなくもないですが、「プルバック」自体が基本的にトレンド方向に対する反転の波動を指しているため、やはり順張りと考えるのが妥当です。

なお、ブルックス本に記載されている「プルバック(Pullback)」の考え方は以下のとおりです:

トレンドやスイングやレッグのなかにできる一時的なカウンタートレンド方向の動き(押しや戻り)で、(以下略)

アル・ブルックス 著、 井田京子 訳「プライスアクショントレード入門」(Pan Rolling社) 用語集より p.576

「プルバック」で仕掛けるなら逆張りかもしれませんが、プルバックの反転での仕掛けは順張りであることが伺えます。

トレンドは(なかなか)裏切らない

上図のような上昇トレンドが形成されている場合について考えてみます。

マーケットに参加している多くのトレーダーは、プルバックの開始とともに「どこかでまたトレンド方向に転換する」と考え、押し目買いのタイミングを待ちます。

この流れは、「そろそろトレンドが収まるのでは…」という考えが多数派を占めない限り続きます。

そのような考え(トレンドが収まる、転換する)が生じるパターンとしては、チャネルラインの上抜けやダブルトップの形成といったテクニカル的要因(≒プライスアクション的要因)がありますし、要人発言や経済指標などによるファンダメンタルズ要因なども考えられます。

どちらにしても、トレンドが破綻するような要因が発生するまではプルバック→反転の流れが続きます。

この反転の部分でなんらかの根拠を持って仕掛けることが、プルバックの反転の基本戦略です。

場合によってはパターンブレイクでもあるし、パターンブレイクプルバックでもある

プルバックの反転は、その仕掛け足の形によっては、別記事にて先述しているパターンブレイクパターンブレイクプルバックにも含まれると考えます。

上図の左側は、ビルドアップを伴う典型的なパターンブレイクの仕掛けパターンですが、トレンドラインを考慮しなければプルバックの反転とも解釈できます。

上図右側はパターンブレイクプルバックの典型例ですが、これもパターンブレイク後に再度プルバックが起きた後のプルバックの反転の仕掛けと解釈できます。

私が考える、「プルバックの反転とパターンブレイク・パターンブレイクプルバックの関係」をベン図で表すと上のような形に収まります。

たまにある亜種を除くと、プルバックの反転はパターンブレイクの一部かパターンブレイクプルバックの一部と考えられ、結局2つの仕掛けパターンを極めようと思ったら、プルバックの反転を極めることが最短と考えます。

 それでも、ボルマン本でパターンブレイクとパターンブレイクプルバックがプルバックの反転とは独立して説明されているのは、パターンブレイクとパターンブレイクプルバックは逆張りでも成立するからと私は考えています。
 他の理由として、「トレンドライン」というわかりやすい基準がある分とっつきやすいというメリットから、プルバックの反転パターンの中では説明しやすいから……という考えもあると思います。

プルバックの反転の仕掛けのセットアップパターン

ボルマン本にて記載されているセットアップパターンについて説明します。

また、ブルックス本にて記述されている内容を、プルバックの反転パターンとして置き換えた際の考え方も合わせて説明します。

25EMAへの到達

ボルマン本では25EMA(25本指数平滑移動平均線)を使用しています。

この25EMAのライン上に調整のプルバックが到達する頃合いで反転することが多く、ボルマン本では「目安」として使用されています。

ここで気をつけたいのは、「25EMAに到達したから反発する」のではなく、「反発するタイミングが25EMAの到達に近い」ということです。

25EMAに到達したから反発するという理論が正しければ、26EMAでも概ね正しいですし、24EMAでも概ね正しい……ということはチャートで各EMAを設定すればすぐにおわかり頂けると思います。

「じゃあ25本である根拠は?」となりますが、結局のところ、25本であることの絶対的な理由や根拠はありません

ちなみに、ブルックス本では似たような理由で20EMAが採用されています。

要するに、20~25本くらいのEMAであれば、トレンド方向のスイングに対するプルバックの反転ポイントがEMAに触れたあたりで発生する……ということになり、セットアップの目安として使うことができます。

一定割合のリトレースメントの発生(フィボナッチ・リトレースメント)

トレンドが強い場合、トレンド方向へのスイングに対し40~60%のプルバックが発生してから再度トレンド方向へ反転することが多い……という実情から、フィボナッチリトレースメントの数値である38.2%, 50.0%, 61.8%などが押し(戻し)の量の目安として利用されています。

これもEMA同様あくまで目安であり、フィボナッチの値を闇雲に盲信する必要はないと考えます。

なお、ボルマン本には40~60%のリトレースメントに対して「フィボナッチ」の言及はなく、ブルックス本ではそこかしこに「38.2?そんなの約40%でいいでしょ」というような考え方が見て取れます(フィボナッチ・リトレースメントに対して否定的)。

トレンドラインの到達の確認

プルバックが水平線や斜め線へ到達した際に反転のセットアップが始まることがあります。

この考え方はいわゆるパターンブレイクプルバックと似ているため、パターンブレイクプルバック後の仕掛けはプルバックの反転の仕掛けの一部と解釈できます。

ブルックス本的解釈における「プルバックの反転」

ブルックス本でいう「ツーレッグの調整」という概念で考えた時に、ツーレッグ目に突入した展開以降をプルバックの反転のセットアップ段階と考えることができます。

上図を例にした場合、高値1の足を確認して、以降で安値を下回る足(≒安値1)が出現したところでツーレッグ目の調整に入ったとみなし、セットアップに入ったと考えます。

セットアップに入ったら、以降の足は全てシグナル足となりうる足として準備する必要があります。

プライスアクショントレード入門の3章や4章は、概ねトレンドフォロー(≒プルバックの反転)に関することについて記述しているのですが、説明自体はボルマン本のほうがわかりやすいと思います。

プルバックの反転の仕掛けタイミング

プルバックの反転セットアップを確認し、仕掛けに移行する際のタイミングは、これまで説明してきたタイミングと基本的には変わりません。

最も推奨となる仕掛けタイミングは、仕掛け足がシグナル足の高値(もしくは安値)を超えたタイミングとなります。

ロング:シグナル足の高値更新

ロングを仕掛ける時は、1本前の足(シグナル足)の高値を上回ったタイミングで仕掛けます。

トリガーとしてわかりやすい点と、逆指値の設定位置が明確である特長があります(シグナル足の下に設定する)。

ショート:シグナル足の安値更新

ショートを仕掛ける時は、1本前の足の安値を下回ったタイミングで仕掛けます。

逆指値はシグナル足の高値の少し上に置きます。

直近の高値がシグナル足でなく、別の足が記録している場合は、その足の高値の上に置くのも問題ありません。

当研究所が検証したプルバックの反転の王道仕掛けパターン

本節の内容はボルマン本やブルックス本には記述されていない内容ですが、検証や実際のトレードを通して実感したよくある仕掛けパターンについて紹介します。

以下の説明ではロングについて説明していますが、ショートについても方向が違うというだけで、考え方は一緒です。

検証(トレード)は主にEURUSDの5分足を使って行ったものですが、原則他の通貨ペアや時間足でも通用すると考えます(ただ通貨の性質によって若干の違いは出てくるかもしれない)。

高値2(安値2)の足での仕掛け:高値1(安値1)でミクロトレンドラインのブレイクがあったか?

高値2(安値2)でトレンドフォローの仕掛けを考えるのは、調整のツーレッグを完了を持って仕掛けるという前提にあります。

上昇トレンドの場合、調整のツーレッグが終わる最も典型的なタイミングが高値2の足の出現タイミングになりますが、高値2の足の出現で必ず仕掛けるのではなく、ここまでの展開について観察することをお勧めします。

最初に確認するのはワンレッグ目の調整を終わらせる高値1の足の強さです。

高値1の足が、ワンレッグ目の調整で引けるミクロトレンドラインをブレイクするような展開であればそれなりに強い足と考えられ、ブル派の存在が確認できます。

このまま上昇スイングが開始するようなパターンも稀にあるかもしれませんが、その場合は基本的に見送ります(私の場合)。

高値1でミクロトレンドラインをブレイクしたのであれば、高値2の足はミクロトレンドラインに対するパターンブレイクプルバック後の仕掛け足になることがよくあります。

この場合はツーレッグ目の調整レッグの強さやシグナル足からプルバック側の勢いを判断してから、高値2で仕掛けます。

調整のワンレッグ目よりツーレッグ目のほうが下落幅や勢いが弱回っていると判断できれば、より反転の期待は高まります。

 逆指値に到達せずにトレンド方向に向かってくれれば幸いですが、その前に安値3の足が直近安値を更新し、損切りとなるパターンに遭遇することもあります。
 闇雲に高値2(安値2)で仕掛ければ良い……というわけではないことが分かります。

高値3(安値3)以降の足での仕掛け:二度の試しやトレンド方向への反転足が確認できるか?

先ほどとは異なり、高値2でブルフラッグをブレイクするような展開である場合、私は基本的には見送ります。

上図は、高値1の足がワンレッグ目においてミクロトレンドラインをブレイクするような展開がなく、高値1の高値とスイングの高値でブルフラッグを形成したようなパターンです。

そのフラッグをブレイクしたのが高値2の場合、高値2の前にビルドアップような展開がないと、高値2で仕掛けるのは勝率が低いと考えます(実際どうかは各自で検証してみてください)。

もちろんそのままトレンド方向に相場が動くこともあり、仕掛け足を含めて足2本分くらいまでは「仕掛けておけば良かった」と思わされるような展開が起こることもしばしばあります。

それでも仕掛けない理由は簡単で、高値2の足以降も調整のプルバックが続いて高値3、高値4の足が出現する確率が高いから(=損切りになる可能性が高いから)です。

高値2の足がブルフラッグをブレイクした場合、再度ブルフラッグや安値を試すようなプルバックが起こるのを待つのが基本線です。

その後プルバック側の仕掛けが失敗に終わったり、強気の反転足が出現し高値3の足が確認できたところで仕掛けます

ダマシの安値出現後の仕掛けとなると、プルバックの反転というより失敗ブレイクからのトレード(tff)に近いトレードパターンになります。

結局のところ、失敗ブレイクからのトレードもプルバックの反転の一部ということになります。

プルバックの反転の実例

実例1:上昇トレンドライン近辺でのプルバックの反転(EURUSD 5分足)

2017/10/25 EURUSD 5分足(M5)、ヒストリカルデータ:Dukascopy社データ

上図ポイント部分拡大(スマホユーザー向け)

 最初の例は、過去記事でも紹介しているユーロドル5分足におけるプルバックの反転です(足5)。

 欧州時間(チャート上の10:00以降)に入ってから徐々に値動きが大きくなり、安値と高値が切り上がっていること、安値を結んでできる上昇トレンドラインが確認できることから、この日は買い目線で相場を見るのが基本線です。

 足1から5本連続で陰線となっており、実体のサイズが大きいのも気になりますが(ベア派が強そうに見える)、足2の下影陰線と、足2以降安値が4本揃っていることから、小規模のダブルボトムの展開が起こっていたことが想像できます。

 ダブルボトム(足2足3)→ダマシの安値(足3)→ネックラインブレイク+プルバック(足4)→プルバックの反転(足5)というイメージです。足5は理論上高値1の足ですが、足2~足3の間に実質高値1と言えそうな上昇が確認できるため、実質高値2の足とも解釈できます。

 補助的な要素でしかありませんが、ローソク足が75本EMA(15分足における25EMAに相当)近辺で反発しているのもプラス要素です。

 足5がシグナル足の高値を上回ったところで買って、逆指値は足3の安値の少し下に置きます。

2017/10/25 EURUSD 5分足(M5)、ヒストリカルデータ:Dukascopy社データ

 利確ポイントは足6で、足5以降の上昇からツーレッグ終了と見て取れる安値2の足のため、利確には最適です。また、足6の1本前の足が1.18のトリプルゼロに到達したタイミングで反発していることも根拠の要素として加算されます。

 もし足6で全てのポジションを手仕舞わなかった場合、運良く足7の急騰にありつけたかもしれません(足7のタイミングで指標発表はなし、数本前に米国関連指標の発表あり)。足8は、急騰からの安値2の足なので、ここも利確ポイントと考えます。

 足6足8どちらも1本前の足の安値を下回ったところが決済ポイントです。

 このような安値揃いのローソク足パターンは、よく観察してみると下位時間足でダブルボトムを形成していることが多く、プルバックの反転の狙い目にもなってきます。

 似たようなパターンとして、10/19のユーロドル5分足チャートでも安値揃い→プルバックの反転が確認できます(下図足1)。

2017/10/19 EURUSD 5分足(M5)、ヒストリカルデータ:Dukascopy社データ

上図ポイント部分拡大(スマホユーザー向け)

実例2:いわゆるM2Bを狙ったプルバックの反転買い(EURUSD 4時間足)

2018/1 EURUSD 4時間足(H4)、ヒストリカルデータ:Dukascopy社データ

上図ポイント部分拡大(スマホユーザー向け)

 次の例は4時間足でのプルバックの反転です。仕掛けは足7ですが、この仕掛けの前に強い上昇スイングが確認できます(足1~2)。

 足1から足4までの間の23本の足が20EMAから長く離れていることも強いトレンドを物語っています。ブルックス本でいう2HM(2時間以上EMAから接してない展開)の4時間足版と考えることができ、形が良ければ高値2の足での仕掛けを考えたいパターンです。

 足3から始まった調整のレッグは足5で高値1となり、このときにミクロなトレンドラインをブレイクしていることが確認できます。

 1時間足だと下図のような形になっています(1時間足だと「ミクロ」トレンドラインには見えない)。

 ブレイク後のツーレッグ目の押しは、4時間足だとかなり弱気に見えますが、以前からの流れから引けるトレンドライン(元チャネルライン、マゼンタ)と、ミクロトレンドラインまでのプルバックののち反転しています。

 トレンドラインがどこまで意識されたかは未知数ですが、今回に関してはサポートラインとして機能したと考えられます(下図)。

※トレンドラインとチャネルラインの全体構図

 反転し、陽線として引けた足6がシグナル足、足6の高値を上回った足7が高値2で仕掛け足です。プルバックの反転として取り上げていますが、見方によってはミクロトレンドラインに対するパターンブレイクプルバックの仕掛けともいえそうです。

 逆指値は足6の安値の少し下に置きます。

2018/1 EURUSD 4時間足(H4)、ヒストリカルデータ:Dukascopy社データ

 利確の理想は足11(チャネルラインの到達)や足12足10以降で引けるチャネルラインへの到達後の実質安値2)ですが、現実的な1回目の利確ポイントとなりそうなのが足9でしょうか。

 足9は(定義上)安値2の足になっており、思ったほどの伸びはないもののここから調整的な下げが起こることが考えられるからです(足8が定義上安値1だが陽線として引けており、解釈が難しい……)。

 足9での利確は、ストップまでの幅に対して等倍(RR比1程度)での利確となるため、分の悪い利確です。利確はポジションの一部にとどめたいところです。

 RR比が小さいという理由で利確せず見送る考え方もあります。その場合リスクは大きくなりますが、うまくいったときの報酬も大きくなります(そこはトレーダーの考え方次第)。

 足9足10の展開はよく分からないため、基本的には様子見です(決済するのはもったいない)。

 その後足10でブルフラッグのブレイクとともに再上昇、上昇幅は足1~2の値幅と同等の伸びとなり、ポールフラッグスイング(N波動)を形成しました。

 ややご都合主義的解釈ですが、FEを下図(青ライン)のように引くとN値100%を達成しており、これを根拠に決済できれば大勝利です:

※青:都合の良いN波動、赤:ポールフラッグスイングとして見た場合の現実的なN波動(達成度約78.6%で反転)、黄:足1~2に対して平行で「理想的」なN波動

 N波動を利確の根拠にする場合、常に一定のルールを決めておかないとムダに早いタイミングで利確することになりかねないため、注意が必要です。

 足11足12、N波動100%達成などを根拠に利確できていれば、RR比約7程度の結果を得られたので、上々のトレードです。

Man
足10での仕掛けの詳細は「失敗ブレイクのトレード」で公開予定です(作成中)。

実例3:プルバックの反転買いの失敗例(EURUSD 4時間足)

2018/1/15~2/12 EURUSD 4時間足(H4)、ヒストリカルデータ:Dukascopy社データ

上図ポイント部分拡大(スマホユーザー向け)

 実例2の仕掛けが決まったあとに起こった、似たようなパターンの仕掛けですが失敗に終わった例です。実例2は先述の王道仕掛けパターンのセオリー通りでしたが、本例ではその王道でない仕掛けパターンになっており、結果的にも失敗に終わります。

 足4が、足1から始まる調整の下落の高値2にあたります。足3の高値を上回ると同時に買いを仕掛けた場合、足5であっさりと損切りに合います(逆指値は足3の安値の少し下あたり)。

※足4で仕掛けるときのローソク足イメージ、この形だとついつい買ってしまいそうになりそう……?しかしこのあと反転する

 実例2との違いを挙げると、高値1にあたる足2の足でミクロトレンドラインをブレイクしていないことが印象的です。 

 ミクロトレンドラインの事前のブレイクの有無が成否に直結していると強くは断言できませんが、過去の傾向上ブレイクしてない場合の高値2の買いは、失敗に終わりやすいので、冷静に見送りたいところです。

 他の違いを挙げると、足2の高値1に関しても1本前の足の高値を上抜いた直後に反転して陰線で引けていることから、足2で仕掛けたブル派は早速追い込まれていることが伺えます(実例2では高値1で明確なブレイクが確認できた)。

 やや余談ですが、足2が週最後の足で、次の足は翌週になっています(若干のギャップが確認できます)。

 足3では、過去のチャネルラインをサポートラインとするような反発が伺えるので、足4で思わずトレンドフォローで買いたくなりますが、足4で初めてミクロトレンドラインをブレイクする形になっているので、少なくともこのあとのプルバックを待ってから仕掛けたいところです。

 また、足4はミクロトレンドラインをブレイクはしているものの、足4の終値はトレンドライン上であることから弱いブレイク(≒ティーズブレイク)であるため、高値3の足で無条件に買えば良いとは言えなさそうです。

 足6が高値3の仕掛け足候補ですが、より確率を重視するなら見送りべきなのかもしれません。

 足6でもし買っていたら、逆指値の付け方によって足7の安値をギリギリ交わして利が乗るか、足7の安値で損切りに遭うかどちらかという形になっています(惜しい仕掛け)。

 足7での仕掛けは、ダブルボトムにおける失敗ブレイク(ダマシの安値)後のトレードに近く、また高値4のプルバックの反転の買いともいえます。


Man
別の例も随時公開予定です。しばらくお待ち下さい……

さいごに

 このプルバックの反転ほど深い検証を要するものはないというくらい、検証の質と量が肝になります。

プルバックの反転の理屈は簡単ですが、いざリアルチャートでトレードをしてみると仕掛けがうまくいかず、先に逆指値に到達します。

損切りが続くと、この概念を否定したくなるような場面が幾度となくでてくるかと思います。

なぜプルバックの反転のつもりの仕掛けがうまくいかないのか?

私自身が経験した「プルバックの反転の仕掛けパターンがうまくいかない一番の理由」は、法則にあてはめてトレードをしようとしすぎるところにあると考えます。

具体例で示すと、

  • 調整のプルバックに対し、高値2や安値2の足が出現したらとりあえず仕掛ける
  • 調整のプルバックが25EMAに到達したあとの包み足はとりあえず仕掛ける
  • 安値2(高値2)の足がミクロトレンドラインをブレイクしたら仕掛ける(≒パターンブレイクの仕掛け)

といった具合です。

◯◯が成立したら無条件で仕掛ける」という固定観念に陥ってしまうと、勝率は5割を切って収支もよくてトントン程度に収まってしまいます(だから自動売買は難しい)。

そこから深みにはまると、まだセットアップでもない段階で闇雲に仕掛けるなどトレードが破綻し、収支がマイナスに陥ってしまいかねません

私は「それなりに検証した」という思う段階でリアルトレード(5分足デイトレ)に移りましたが、最初は全くダメで、仕掛けては損切りの繰り返しでした。

やがて徐々に成功率が上がりプラスになったのですが、あまりの精神的な辛さに5分足のトレードを止めてしまい、そこからトレード自体もしばらく離れました。

「(収支に関係なく)トレードをしていて辛い」と感じる時点で、明らかに検証不足だったと思います。

最初の負け分は授業料、という時代は終わった

※Forex Testerで検証している様子(上画像は私が所有しているForex Tester 2です)

勝とうが負けようがフラットな精神状態で居続けられることこそ、検証の意義があります。

単にスキルを向上させることが検証ではありません。

「最初の負け分(損切り)は授業料」という時代はもう終わっています。

ボルマン本のような本質を突いた書籍の購入や、Forex Testerのような検証ソフトの購入コストこそ「はじめの授業料」であり、これらをもとに十分な検証を繰り返すことで、勝つためのスキルと精神構造を身についた状態でスタートできるからです。

そう考えたら、私達はとてもいい時代にトレードができる環境に恵まれたと感じます(レバレッジの縮小化を除いて)。

関連記事(次の記事)

どの仕掛けに対しても重要な関連性を持っている失敗ブレイクからのトレードに関する記事です:


コメント