スポンサーリンク

パターンブレイクプルバックの基本的性質と仕掛けパターンについて

パターンブレイクプルバックはボルマン本にて登場する用語です。

パターンブレイクに並んでブレイク方向へのレートの推移が期待できるパターンの1つと言えます。

ブルックス本では「ブレイクアウトプルバック」、世間一般では「第二波」などと呼ばれたりしています(ブレイク後の2波目となる波動を狙う仕掛けのため)。

本記事では、パターンブレイクプルバックにおける基本的特徴から仕掛けパターンを確認し、より成功率を上げるために確認したい要素をチェックしていきたいと思います。

 本記事は、ボルマン本(FX5分足スキャルピング)やブルックス本(プライスアクショントレード入門)の内容から得たものに対する、FXプライスアクション研究所独自の解釈が含まれています。
 ボブ・ボルマン氏、アル・ブルックス氏ら本人による分析、トレード手法を学びたい方は、書籍をご確認ください。
スポンサーリンク

パターンブレイクプルバックの特徴

「パターンブレイクプルバック」という言葉自体が指す値動きは、パターン(トレンド)がブレイクされた(=パターンブレイクした)後のプルバックのことを指しています。

しかし、パターンブレイクプルバック「の仕掛け」は、プルバック後に反転してブレイク方向に転換したところを仕掛ける際に指す言葉です。

仕掛け自体はプルバックの反転の仕掛けとも考えられなくもありませんが、この一連の流れの中で仕掛ける時、ボルマン本では「パターンブレイクプルバックでの仕掛け」としています。

最初は「どの部分が『パターンブレイクプルバック』なのか?」の理解に、苦労された方もいらっしゃるのではないかと思います。

ちなみに私は、上記の内容として理解するまでに結構な時間を費やしました……

ブレイク後に再びトレンドラインや極値を試す

特にビルドアップを伴わずにブレイクした展開では、プルバックがブレイクしたラインや、直近の極値を試すところまで推移することが多いです。

そのため、ビルドアップの形成が弱い場合(ベア派の大半が降りたことが確認できない場合)、パターンブレイクでは仕掛けずにパターンブレイクプルバックを待つのが基本戦略となります。

そこでトレンドが転換することで再びブレイクの方向へ推移するところを狙います。

ダブルの圧力が発生している(プルバックの反転後)

プルバックが極値を試した後反転してブレイク方向にレートが推移している時は、ダブルの圧力が発生している可能性が高いと考えられます。

上図のような上方向へのブレイクを例とする場合、下方向へのプルバック時はブル派のスキャルの利確最後の下落を狙ったベア派やトレンド継続を期待して売ったベア派による仕掛けが見受けられます。

そのあとトレンドラインや極値で反転する際には、上記の下落要因を上回るブル派の仕掛けと、売ったベア派の撤退(損切りの買い戻し)が働き、その結果上昇が生じる……と考えられます。

パターンブレイクの時点でトレンドがまだ転換していないときに出現する

上図のように、下降トレンドが続く中でトレンドラインがブレイクした場合、トレンドはまだ転換したとは言えず、ある程度までの上昇を機に(ブル派の買いが収まるタイミングで)プルバックが始まります(正確には、始まる可能性が高い)。

そのまま安値も下抜いて下降トレンドが継続する場合もありますが、安値がダマシになるなどの要因で反発する足が出現すると、多くのベア派がトレンドの転換を考え、利確し始めます。

そのタイミングでブル派の強い仕掛けが入りダブルの圧力が発生することで、パターンブレイクプルバックの仕掛けが成立します。

パターンブレイクプルバックの仕掛けパターン

パターンブレイクプルバックを確認したあとの仕掛けタイミングとして推奨されるのは、下記の1パターンです。

あわせて、仕掛けるべきでないタイミングも紹介します。

パターンブレイク後、トレンドラインや極値を試した後の高値1, 2(安値1, 2)や反転足での仕掛け

(特に)ビルドアップを伴わないパターンブレイクの後、トレンドラインや極値に向けたプルバックが発生する可能性が高いです。

極値に到達してから反発が起き、1本前の足(シグナル足)の高値を上抜いた時(ショートの場合、安値を下抜いた時)に仕掛けるのがパターンブレイクプルバックの基本的な仕掛けの考え方です。

パターンブレイクからプルバックが始まるまでの時間や、トレンドラインまでのレートが近い場合、仕掛け足が高値1(安値1)になることが多いです。

パターンブレイクである程度ブレイク方向に進んだら、プルバック後の仕掛け足が高値2(安値2)や高値3(安値3)になることもあります。

その他仕掛けパターン

上記の説明では足の形成中での仕掛けですが、他の案として仕掛け足が引けたのを確認してから仕掛ける手もあります。

しかし、パターンブレイクにおける説明と同様で絶好の機会を逃す可能性もあり、一長一短です。

仕掛けるべきでないタイミング

トレンドラインや極値を試した足が引けた直後の仕掛けは、あまりに積極的すぎて仕掛けるべきではありません。

当然ボルマン本やブルックス本にも、仕掛け手法として上記手法は書いていません。

「このあと反発したらパターンブレイクプルバックだ」と見越して仕掛けて成功すればリワードが大きいですが、根拠のある逆指値の置き場がなく(固定値で入れることになる)、また勝率も低くなると考えられるため、徐々に成果が落ちていき、精神面への影響もきたす可能性が出てきます。

パターンブレイクプルバックの成功率が上がる要素

パターンブレイクプルバックのあとの仕掛けが成功する要素としていくつかの注目点があります。

順に確認していきましょう。

トレンドラインや極値を試す足が確認できる

パターンブレイクした後にプルバックした足が、ブレイクしたトレンドラインやブレイク前につけた極値まで到達するような展開が確認できると、その後の反転の期待が高まります。

皆それぞれが、契約しているブローカーのチャートを見て売買を判断するため、どのブローカーのチャートでもそれが確認できるような明確な展開が望まれます。

ただ気をつけたいのは、トレンドラインは水平線はともかく、斜め線は各々が任意に引いた線であるため、0.1pips単位で到達したか否かを判断基準にするのは推奨しません。

到達したかの判断は、ある程度の大雑把さが求められると考えます。

ブレイク側でビルドアップが確認できる(ブレイクしたあとにビルドアップが形成された)

上図のように、パターンブレイクプルバックの後、ブレイクされた側でビルドアップが発生した場合も転換が期待できます。

ただし、バーブワイヤーのようなパターンも意識しながら仕掛けることになるため、早とちりには要注意です。

マグネット効果を引き起こしそうなターゲットレートがブレイク先に存在する

パターンブレイクプルバックからブレイク方向に推進しようとする展開が生じている際、推進方向に多くの人が意識しそうなレートが存在するかどうかは成功率を左右します。

逆に考えると、プルバック方向にマグネット効果をまだ発揮しているようなレートがある場合、パターンブレイクプルバックからの仕掛けの成功率は少し下がると考えられます。

パターンブレイクプルバックの実例

 過去のチャートからパターンブレイクプルバックの仕掛けと判断できる実例を見ていきたいと思います。

実例1:レンジ相場をブレイク後のパターンブレイクプルバック(EURUSD 5分足)

2017/10/13 EURUSD 5分足(M5)、ヒストリカルデータ:Dukascopy社データ

上図ポイント部分拡大(スマホユーザー向け)

 最初の実例は、過去記事にて紹介していた、ユーロドル5分足でのパターンブレイクプルバックの仕掛け(足7)です。

 この仕掛け前の展開は興味深いものがあり、足1~5に至るまでの展開はブルックス本で見受けられるような様々な思惑がローソク足から見て取れます(見て取れるようにみえます)。

  • 足1:小康状態のボックスからブレイクするも反発にあい、ティーズブレイク(ダマシの安値)となる(≒バーブワイヤー的展開)
  • 足2足1のダマシからブル派が仕掛ける(≒失敗ブレイクのトレード)
  • 足3足2以降ブル派が続かず、一転売り攻勢となる(足2がダマシのダマシの足となる)
  • 足4:25本EMAとサポートラインの狭い間を再度ブレイクするもティーズブレイク風の下影陰線で引ける
  • 足5:再度ブレイクし、サポートラインの外側で引ける(=パターンブレイクもしくは失敗ブレイクのトレード)

 足1から足4の間は、25本EMA(マゼンタ)とサポートラインの狭い領域内をレートが推移するビルドアップの展開になっていることから、足4足5で仕掛けるのはパターンブレイクの仕掛けといえます。

 足5がサポートラインを割ったまま引けた時の仕掛けが理想、と完成されたチャートを見ると思えますが、足1~足3の展開が前提にあるため、足4の形成中での仕掛けでも十分に勝算はあると考えられます(その場合、失敗ブレイクのトレードと言ったほうが適切かもしれないけど、どちらでもいい)。

 足6でブレイク後初のサポートライン方向へのプルバックが確認できます。この足はサポートラインに届かず、また仕掛け足となる足7もサポートラインに届いてないことから、まだ調整のプルバックの展開があるようにも見えます。

 足7の上ヒゲから、足7は寄り付いた直後は陽線だったことが伺え、シグナル足(足7の1本前の足)の安値を下回ったタイミングはおそらく足が引ける間際だったのではと推測できます。その場合、パターンブレイクプルバックとして仕掛けるに値する展開と考えます。

 足7で仕掛ける場合、逆指値はサポートラインの少し上かボックスの少し上(やや遠いのでリワードが下がる)のどちらかに置くのがセオリーです。シグナル足の上だと大きいリワードが得られますが、やや積極的すぎると考えます。

 足5足7で仕掛けられれば、とりあえずこの後の下落を拾うことができました。

2017/10/13 EURUSD 5分足(M5)、ヒストリカルデータ:Dukascopy社データ

 利確ポイントについてですが、明確にできそうなのは足9で、足91本前の高値を上回ったタイミングです。

 理論上足9は高値1の足ですが、足8の下ヒゲ+足8の次の足の上ヒゲの展開から実質高値1的展開が見受けられます(1分足ではおそらく高値方向への包み足が見られる)。

 ですので、足9を実質高値2の足として利確するのは理にかなっていると考えます。

 足9で半分利確したら、残りのポジションは逆指値を建値に置いて引っ張りたいところです。それ以降はしばらく明確な利確ポイントが見当たらず、足10が寄り付くまでに決済すればとりあえずOKな感じです。

 この日は日本時間21:30(足10)に米国の小売売上高と消費者物価指数(CPI)の発表があり、チャートで見られるような急騰もしくは急落が想定できたので、指標発表前に残りのポジションを切っていれば今回の仕掛けについては最高のトレードになっていました。場合によっては足9で全決済してこの日はトレードを止めるという選択肢もあったかもしれません(終わったあとなら好きなように言える^^;)

2017年10月13日の指標結果(引用元:DMM FXの経済指標ページ)

 指標発表で急落することを願ってポジションを引っ張った場合、おそらく建値かそれより上で決済することになったと思われます。

 ファンダメンタルズ要因の上昇、下落については深く分析することができないのですが、どの指標発表がどの程度の値動きを誘発するかをある程度把握しておくと、火傷せずに済むとは思っています。
 FXブローカーが重要度大としている経済指標は、ある程度警戒しておくほうが賢明です。

実例2:フラクタル構造が確認できるN波動ツーレッグ目での売り(AUDUSD 4時間足)

2018/2/7~3/27 AUDUSD 4時間足(H4)、ヒストリカルデータ:FXTF(MT4)

上図ポイント部分拡大(スマホユーザー向け)

 ↑のチャートには、A地点やD地点を通過する下降チャネルが描かれていますが、仕掛け時点(足6)ではこれらのチャネルは引けない点にご注意ください(チャネルが引けるのは、最速でも足7以降)。

 2つ目の実例は、豪ドル米ドル4時間足におけるパターンブレイクプルバックです。

 タイトルの「N波動」は、上の図のA-Bの下落幅とC-Dの下落幅がだいたい同じくらいであること、そしてC-Dの中でも同じくN波動に近い値動きがあることを言っています。さらに過去まで含めると、上位時間足で確認できそうなN波動も確認できます(下図)。

2018/1月~3月 AUDUSD 4時間足(H4)、ヒストリカルデータ:FXTF(MT4)

あいにく1本目の下落幅に対し2本目の下落幅が不足していますが、興味深い値動きです:

 次に仕掛けについてですが、まず足1~3の安値のヒゲを通過する上昇トレンドラインが確認できます。

 このトレンドラインに対して、足4でビルドアップを伴わないブレイクが起き、その後のプルバックがトレンドラインに再到達しています(足5)。これでパターンブレイクプルバックに対するセットアップが完了しました(足5は結局シグナル足に)。

 仕掛けは足6で、シグナル足の安値を下回ったところで仕掛けます。もしかしたら1時間足チャートを見ていればより早く仕掛けられたかもしれません(要検証)。逆指値はシグナル足の少し上に置くのがセオリーです。

 この仕掛けの問題点は、うまく利確できそうなポイントが少ないことです。
 先述のN波動を強く意識していた場合、もしかしたら足7の安値付近でドンピシャの利確ができたかもしれませんが、A-Bの下落幅に対してC-Dの下落幅はほんの少しですが短く、100%達成値を指値に置いていた場合、到達ギリギリのところで反転している可能性があります(C-D内のN波動についても同様)。

 足7でポジションの大半を利確できれば最高ですが、それができなかった場合足8足7の高値を大きく上回る大陽線となっているため、足7でN波動達成と考え、足8の引けを見てポジションの半分を利確できたらそれでも及第点かなと考えます。

 足7では上ヒゲが見受けられることから、足7の1本前の足と合わせて見ると、足7の安値がダブルボトムの右底と解釈できなくもありません。また、足8は理論上高値2の足になるため(高値1は足7)利確する足として悪くないです。

 それ以降はダラダラとバーブワイヤー的展開が続いており、足9で陽線包み足が出現してから勢いよく上昇しています(下抜けがダマシになっている)。

 足9までに利確できなければ最悪建値で決済することになりそうですが、足7~9のどこかで一部でも利確できていれば上々だったと考えるのが良さそうです(一度も利確できずに損切となったのであれば由々しき事態)。


Man
その他についても随時追加予定中です。しばらくお待ち下さい…

まとめ

 パターンブレイクプルバックは、結局のところ仕掛け方自体はプルバックの反転の仕掛けに近いと考えられ、トレンドフォロー方向に仕掛けるのが基本となります。

 トレンド転換のタイミング(上位時間足では逆張りと判断するようなタイミング)で仕掛けられたら大きいリワードが得られる可能性もありますが、その反面逆指値に先に到達する確率が高く、結局損益はいまひとつに終わるかもしれません。

 特に最初のうちは、強いトレンドが確認できる通貨ペアのトレンド方向への仕掛けだけに注力するべきです。

 トレンドラインの形成に関しては、2本の足を参考に引くよりも3本以上の足が関わっているようなラインのほうが、より多くの人が意識するラインとなっている可能性が高いです。

 Forex Testerなどで分析・検証する際は、最初のうちはトレンドラインの引く基準も少し厳し目にした上でパターンブレイクプルバックの仕掛け足を探す(≒より高勝率なパターンを厳選する)ことをお勧めします。

関連記事(次の記事)

プルバックの反転についての記事です:


コメント