スポンサーリンク

で、ブルックス本を読んでどういうトレード手法を目指すのか?(ショート編)2/2

その1(1/2)の続きです。


スポンサーリンク

もう少し具体的な仕掛けタイミング

以上の内容は、比較的多くの書籍やWEBサイトで説明されているところかと思います。

しかし、具体的にどういう条件で仕掛けるかについては不透明な部分が多く、定性的、定量的な部分の言及は一切なされていないことが多いです。

では、「下落開始タイミング」をどう掴むのか、ある程度の再現性を持った仕掛けタイミングをブルックス的手法に基づいて考えたいと思います。

調整のツーレッグにおける安値2の仕掛け

強い下降トレンドの中の、調整のツーレッグにおける安値2の仕掛けが、ブルックス本における王道の仕掛けパターンです。

下降スイングから調整に入った後の展開に注目します。

安値1の足が確認できてから再度上昇し、ツーレッグ目の調整が始まったところからセットアップが始まります。

セットアップ以降はどの足もシグナル足となりうると考え、じっくりと注視します。

基本はトレンドライン近辺までの上昇を待ちたいですが、原則としては安値2の足でもって仕掛けることを意識します。

安値2となる足の1本前の足(シグナル足)が陰線だとなお仕掛けやすいですが、シグナル足が強気の陽線の場合など、ブル派の強い反発とベア派の勢いの無さが見受けられる場合は、安値2での仕掛けは少し苦しくなります(ベア派の同意が得られず、失敗する確率が上がる)。

安値1、安値2の足で構成するベアフラッグブレイクに対するパターンブレイクプルバック

安値2で仕掛けるには少し勝算が薄い、と判断できるようなシグナル足の場合、仕掛けを見送って次の機会を待ちます。

下降スイングの安値、安値1の足以降の安値で構成できるベアフラッグを安値2の足でブレイクし、その後にプルバックが起きた場合、その後のパターンブレイクプルバックも狙い目の1つと考えます。

安値2の足の安値かシグナル足の安値を下回ったあと(≒安値2の足の仕掛けが失敗に終わった後)、ブル派の仕掛けが失敗となるような下落が起こった時(≒安値3)に仕掛けられたらなお期待が持てます(失敗ブレイクのトレード)。

パターンブレイクプルバックの詳細については、パターンブレイクプルバックの項目に譲ります(作成中)。

上位時間足を確認しながらの仕掛け

ブルックス本では、基本的に1つの時間足だけでセットアップから仕掛けまでを執り行うこととしています。

1つの時間足だけで判断する最大のメリットは、状況を複雑化させずにシンプルに判断できる点です。

しかしプライスアクションはどの時間足でも通用するという点から考えつくように、他の時間足を見て状況を考えることももちろん悪くありません(一種のフラクタルを意識した仕掛けを狙う)。

売りを仕掛ける際に上位時間足(例えば5分足の上位は15分足、1時間足の上位は4時間足)がどのような足を形成しているかは、これからの仕掛けの参考になると考えられます。

例えば、1時間足において安値2の足で仕掛ける際に4時間足を確認したとき、4時間足では下降スイングのツーレッグ目である場合、上昇継続の期待が持てます(上図)。

しかし、これが調整のツーレッグの安値1の足だった場合は、4時間足クラスでもうワンレッグの下落があるかもしれない…というように考えることができます(下図)。

まとめ

ブルックス本に基づく、順張りショートの基本的な仕掛け方法は以上です。

ブルックス本では5分足を題材に取り扱っていますが、本手法は5分足に限らずどの時間足でも基本的に通用する考え方です。

戦略を理解したあとは、まずは完成されたチャートから仕掛けられる足を見分ける練習を行い、そしてForex Testerなどの検証ソフトで仕掛けるスキルを磨くことをお勧めします。

具体的な仕掛けタイミングについての詳細は、以降の内容を参照ください(作成中)。



コメント