スポンサーリンク

ダブルの圧力(基本編)3/3

その2(2/3)の続きです。

スポンサーリンク

ダブルの圧力を利用した仕掛け

 ダブルの圧力が発生しやすいパターン前ページ)にて概要は説明しましたが、この項ではもう少し具体的な仕掛けについて考えたいと思います。

ブルフラッグにおけるビルドアップからのブレイク(パターンブレイク)

 ブルフラッグ(下降トレンド)の終了を示唆するようなビルドアップが生じた後のブレイク時の仕掛けです。

 ブレイクアウト手法としては最もオーソドックスなパターンの1つで、ダブルの圧力を意識してない人も無意識的に仕掛けていることが多いと考えられます。

 このパターンで仕掛ける場合に気をつけたいのは、仕掛ける方向が上位時間足で確認できるトレンド方向と一致しているかどうかです(下図)。トレンドがあるとより勝率は高くなると考えられます。

 継続的な下降トレンドの中でブルフラッグブレイクの度に買いを仕掛けていると、多数派のベア派の餌食になる可能性が極めて高いため、本手法での仕掛けはおすすめできません(
下図)。

 下降トレンドにおけるパターンブレイク時は、ブレイク後のプルバックを確認し、パターンブレイクプルバックで仕掛けることを視野に入れたほうが、無駄な損失を減らせると考えられます(下図)。

アセンディングトライアングルにおけるレジスタンスラインのティーズブレイクからの売り(失敗ブレイクからのトレード)

 アセンディングトライアングルから上方向にブレイクし、そのまま上昇すると思ったもののそれが失敗に終わったところ(ティーズブレイク)からセットアップが始まります。

 仕掛けのタイミングは、

  • ティーズブレイクとなった足の安値を下回ったタイミング(下図(a)、やや積極的)
  • ベアフラッグ(上昇トレンドライン)のブレイク後(下図(b)、よくある仕掛け)
  • 足の引けのタイミング(下図(c)、やや慎重)

など、ブレイクで仕掛けたブル派が売り戻しを仕掛けそうなタイミングは複数考えられるため、検証を行ったのち実践することを推奨します。

※上図チャートについて

足1:レジスタンスラインの明確なブレイク→失速して上影陰線で引けた足

足2:足1のブレイクがティーズブレイクとなるような継続の下落から上昇トレンドラインのブレイク

足3:足1やその前に仕掛けたブル派が降り、ベア派が仕掛けたことによるダブルの圧力形成の弱気の陰線形成

 少なくとも、意識されてそうなレジスタンスラインよりレートが上にいる時点で売りを仕掛けるのは控えたほうがいいと考えます(まだティーズブレイクと断定するのは早いため)。

 逆指値はティーズブレイクとなった足の高値の少し上に置くことで、失敗ブレイクからのトレードが失敗に終わる、いわゆる「ダマシのダマシ」に対応する方法がもっともオーソドックスと考えます(下図)。

ダブルトップの高値切り上げ失敗(ダマシの高値)後の仕掛け(≒失敗ブレイクからのトレード)

 ダブルトップの右肩が左肩の高値を更新し、いわゆるダウ理論的解釈で高値切り上げとなった直後に反転し、ダブルトップが形成されそうなタイミングで仕掛けるパターンです。

 ダブルトップの右肩付近で仕掛けるとなるとかなりの逆張りトレードに見えますが、上位時間足で下降トレンドが確認できる中で、かつトレンドライン近辺で今回のようなパターンが発生したのであれば(下図)、トレンド方向への順張りトレードと解釈できます(ちょうど仕掛けが調整のツーレッグにおける安値2の足になる)。それなりの勝率と高いリワードが期待できます。

 逆指値も高値の少し上に置くという考えやすいパターンでよいため、ロット数の調整も容易です。

まとめ

 ダブルの圧力という概念を知っているか否かで、トレードに対する考え方は大きく変わってきます。

 闇雲にブレイクする度に仕掛け、そして失敗する理由は、片方だけの力に頼って仕掛けるからです。

 マーケットに参加している自身と逆方向に仕掛けようとしているトレーダー(仕掛けたトレーダー)が失敗し行き場を失って諦めるタイミングで仕掛けることを意識することで、勝率もリワードも大きく改善されると考えます。

 そのような意識でトレードしていると、今度は逆に自身が失敗した際に何の躊躇もなく損切りできるようにもなると考えられます。


 しかしながら、このダブルの圧力は完成されたチャートからはわりと確認できますが(とりあえずトレンドラインを引いて大きく動いた所を細かくチェックするとダブルの圧力を感じることができると思います)、リアルタイムでチャートを見ながら発生直前時に見つけるのは非常に難しいです。

 いきなり実践と称してマーケットに参加しても、なかなか安定してダブルの圧力で仕掛けるのは困難です。

 無駄に資産を失わないようにするためにも、まずはForex Tester等の検証ソフトを用いて何度も研鑽を重ねることを強く推奨します。

Forex Testerで研鑽するステップ

 まずはどのような仕掛けを行いたいかを決めます。

 チャートから仕掛けたいパターンでダブルの圧力が発生していると思われる候補を複数見つけます。ポイントは、明らかに相対的に長いローソク足が見受けられる、または陽線(陰線)が連続して続いているところです。それらはダブルの圧力が発生している可能性が高いです。

 ダブルの圧力が発生する数本~十数本前からチャートを再生し、ダブルの圧力が形成されていく様子を観察します。

 どのタイミングで仕掛けるかを考え、実際に仕掛けてみます。この時、あらかじめ「どこでダブルの圧力が発生するか」を知っていることは問題ではありません

 野球で言うと「投手がどの球種がどのコースに投げようとしているか知ってる状態で打席に立つ(そしてバットを振る)」ようなものですが、最初はそれで「うまくいく」ことを何度も繰り返し、理解します

 慣れてきたら、今度はどこでダブルの圧力が発生するか承知してない過去チャートを再生し、仕掛けます(ここが検証)


→以上の内容を繰り返すことで、リアルタイムのトレード「だけ」で上達しようとする場合の何十倍もの速さで上達できると考えます。

 近い将来のうちにFXで資産を形成しようと思ったら、この検証の作業は不可欠と言っても過言ではないと思います。

 とりあえず、最後の検証の作業でPF(プロフィットファクター)が2.0を安定して超えるようになれば、リアルのトレードでもそうそう負け続けるということはなくなるかと思います。

※PF:利確で得た利益の総額と損切りで失った損失の総額比(利益/損失)。利益1000ドル、損失500ドルの場合、PFは2.0

 私自身もまだ研鑽中の身なので大きいことは言えませんが、お互いがんばりましょう(やっと半年スパンの検証期間でPF3.00以上を記録できるようになりました)。

※Forex Tester公式サイト:こちら


コメント