波動パターンの考察 – ダブルトップ 基本編(2/3)

その1(1/3)の続きです。


3. 2度目の高値形成

 やがて調整の下落が収まると、再び高値へ向けて上昇が再開されます。

 この時の現象は先程とは逆で、ブル派の売り戻しが減って高値で売ったベア派の買い戻し(基本的に利確)積極的なブル派の新たな買いの仕掛けが行われることによります。

 この間に売り続けた積極的なベア派は含み損を抱えていきます。スキャルパーの中には途中で損切りをする者もいるかもしれません。

(イメージ)

ベア派
積極的な
ベア派
売る売る売る

ブル派
積極的な
ブル派
買う買う買う買う買う買う買う買う

ベア派
ベア派
買い戻し買い戻し買い戻し(決済)

高値への到達

 1度つけた高値に到達すると、再びブル派・ベア派それぞれで思惑が動きます。

 このまま上昇が続くと考えたブル派は決済をせず、ホールドや増し玉を行いますが、「ここが天井となる」と見たブル派はポジションを閉じ様子見に入ったりドテン売りを仕掛ける場合もあります。

 ベア派も同様で、2度目の高値を天井と見て売りを仕掛けようとする積極的なベア派は、高値到達以降売るタイミングを図ります。

(イメージ)

ブル派
積極的な
ブル派
買う買う買う買う買う買う買う買う

ブル派
一部の
ブル派
売り戻し売り戻し(利確)

ベア派
積極的な
ベア派
売る売る

ベア派
大半の
ベア派
……

4. 反発→ネックラインブレイク

 高値近辺で積極的なベア派の売り+ブル派の売り戻し(主に利確)の注文量が、ブル派の買い+ベア派の買い戻し(主に損切り)の注文量を上回ることで、下落を始めます。

 

(イメージ)

ブル派
ブル派
買う買う

ベア派
ベア派
買い戻し(損切り)

ベア派
積極的な
ベア派
売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る

ブル派
ブル派
売り戻し売り戻し売り戻し(決済)

 やがてネックラインに到達しそれもブレイクすると、ここまで買いポジションを持っていたブル派が一気に降り(素早い人はドテン売りをする)、そして仕掛けを待っていた慎重なベア派も売りを仕掛け始めるため、下落が加速します。

 そしてダブルトップが明確に形成されます。

(イメージ)

ベア派
積極的な
ベア派
売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る売る

ベア派
慎重な
ベア派
売る売る売る売る

ブル派
一部の
ブル派
売り戻し売り戻し売り戻し売り戻し売り戻し売り戻し(決済)

ブル派
ブル派

2度目の高値形成以降は分岐点の宝庫

 高値で反発し、ネックラインに向けた下落が始まった後も、様々な波動パターン形成の可能性が残っています

 ネックライン近辺で上昇が再開し、トリプルトップを形成しようとする場合もありますし(後述)、高値をブレイクしてポール・フラッグ・スイングヘッド・アンド・ショルダーの形成に向かう場合もあります。

 また、ネックラインをブレイクした後に下落がダマシとなって再度上昇し、高値をブレイクしていくパターンもありますし(→ポール・フラッグ・スイング、ヘッド・アンド・ショルダーの形成)、ブレイクしたと思ったらそれもダマシになり(ダマシのダマシ)、急落しトリプルトップを形成する可能性もあります。

 どれでもなく、ネックラインと高値の間を推移するボックス(トレーディングレンジ)を形成する可能性も考えられます(下図)。

 この展開がローソク足レベルで確認できる場合は、バーブワイヤーのパターンといえるため、ブレイクアウトで仕掛けようと考えているトレーダーは要注意です。

とにかく、波動が確定する前に「これは◯◯だ」と決め打ちするのは禁物ですね。


コメント