スポンサーリンク

バーブワイヤー(barb wire)考察(基本編、2/3)

その1(1/3)の続きです。

足1:ブレイクからダマシの展開

レジスタンスラインへの到達

 足1は最終的には上ヒゲの長い陰線で引けていますが、引けまでの過程で少なくとも1回は意識されてそうなレジスタンスラインをブレイクしています

 上図はちょうどレジスタンスラインに差し掛かった場面です。

 ブル派の買いがベア派の売りを上回っていることが伺えます。

ブル派
ブル派
買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う買う

ベア派
ベア派
売る売る売る

レジスタンスラインのブレイク

 上図では明確にレジスタンスラインをブレイクしています。

 完全にブル派がこのトレーディングレンジの相場を制したかのように見えますが、ここからが問題です

ブレイクでエントリーするブル派、利確するブル派

 ブレイクと同時に仕掛けるブル派がいる反面、バーブワイヤーの相場では「ここが天井」と見るブル派も一部います

 その多くは足1の前から仕掛けており、レジスタンスラインに到達した時点で一定の含み益を抱えており、レジスタンスライン到達を機に利確(売り戻し)を始めます

ブル派
積極的な
ブル派
買う買う買う買う買う

ブル派
一部の
ブル派
売り戻し売り戻し売り戻し(利確)

 ブル派の中で足並みが揃っておらず、結果的に上昇への勢いは限定的となります

レジスタンスライン到達を機に売る逆張りのベア派

 さて、ベア派はブレイクとともに損切り(買い戻し)を行うトレーダーもいますが、それと同時にレジスタンスラインを天井と見て売り始めるベア派も少なからずいます

 彼らはレートが下落し、再びトレーディングレンジの中に入ることを期待します。そのため、ブレイクを機に積極的に売り続けます

ベア派
一部の
ベア派
買い戻し買い戻し(損切り)

ベア派
積極的な
ベア派
売る!売る!売る!売る!売る!売る!売る!売る!売る!売る!

ブレイクの失敗:ティーズブレイク

 以上のブル・ベア双方の動きを総合すると、ブレイクを機に下落方向の力が勝ることが多い…というのがバーブワイヤー特有のブレイク後の値動きです。

 上昇への勢いはブレイクを機に弱まり、やがてレジスタンスラインを再び下抜けします(ティーズブレイク)。

 ブレイクがティーズブレイクとなると俄然ベア派の売りは強まり、ブル派の仕掛けは収まります

ブル派
積極的な
ブル派
買う買…

ベア派
積極的な
ベア派
売る!売る!売る!売る!売る!売る!売る!売る!売る!売る!

※もちろん、これら一連の動きは絶対ではありません。売るベア派が少ない、利確するブル派が少ないなどの理由でティーズブレイクとならずこのまま上昇する展開も、探せば当然見つかるでしょう。

足1が陰線で引ける:含み益を抱えるベア派と含み損を抱えたブル派

 結局始値も下回り陰線で引けました。

 この時点でいえることは、足1で仕掛けたブル派のうち、まだポジションを保有しているトレーダーは全員含み損を抱えており、足1で仕掛けたベア派はほぼ全員含み益を抱えているということです。

ブル派:逆指値はどこに

 含み損を抱えたブル派は、相場が一定のところまで下がると当然損切りを行う必要があります。

 損切りをする一番多いと考えられるポイントは、トレーディングレンジの下弦…サポートラインのブレイクポイントとなります。

 ブル派はサポートラインに到達するまでに再び上へブレイクすることを期待して、含み損を抱え続けます。中には更に買い続けるブル派もいるかもしれません。

ベア派:利確はまだ早い

 一方、足1で仕掛けたベア派の利確ポイントについて考えると、やはり最初に多くいると考えられるのがサポートラインです。

 足1で仕掛けておいて、足1の引けで利食うにはあまりにもリスクに対するリワードが小さすぎます。

 そのため、このまま含み益が拡大することを期待し、ブル派同様ポジションを持ち続けます



コメント