スポンサーリンク

バーブワイヤー(barb wire)考察(応用編、3/3)

その2(2/3)の続きです。

スポンサーリンク

バーブワイヤーにおける売買戦略について

 基本編、応用編で合わせて3種類のバーブワイヤー後のパターンについて考察しました。

 以上を踏まえた上でバーブワイヤーにおける基本的な戦略について考えたいと思います。

 「バーブワイヤーは捨てる」という考えを除いた場合、考えられるのは以下の3パターンです。

戦略1:初動は捨てて、失敗ブレイクのトレード、パターンブレイクプルバックを狙う

 本記事の例は全て「レジスタンスラインのブレイク」が初動となっています。

 この初動に関しては仕掛けを見送り、次に起こりうるであろう上抜け失敗後の下抜け(売り)か、プルバック後の再反転後に仕掛ける(買い)戦略です。

 「バーブワイヤー時の初動はダマシになりやすい」という傾向を利用した考え方で、損切りをできるだけ減らすことを目的としています。

戦略2:ブレイクの度に仕掛ける

 これはブルックス本に近い考え方ですが、まず足1で買いを仕掛ける同時に足1の安値やサポートラインの下あたりで売りの逆指値注文を入れる(同時に買いポジションは損切りする)という戦略です。

 上図のような展開になった場合、足1での仕掛けは損切りになりますが、その後の失敗ブレイクのトレードの流れに乗ることはできます

 ただし、ダマシの仕掛けがダマシになった場合は2連敗することになるリスクが伴います。

戦略3:ダマシのダマシのみ仕掛ける

 極力無駄な損切りを控える方法として考えられるのがこの戦略です。上図でいうと、足4やその後の足で買いを仕掛けるような戦略です。

 トレーディングレンジにおけるブレイクを狙うのは低勝率なので仕掛けないと割り切りよりダブルの圧力が生じる確率が高くなる展開を待ってから仕掛けようという方針です。

 この戦略はおそらく幾度となく機会損失が生まれると考えられるので、多くの鍛錬を必要とする戦略といえます(他の戦略が鍛錬を必要としないと言っているわけではない)。

リスクを受け入れて、「最終的にプラスになれば良い」という姿勢でトレードするのが大事ですね。

さいごに

 もちろん本記事以外で挙げた展開以外のパターンも起こり得ます。その場面ごとの1人の判断の変化、参加の有無によって結果は変動するからです。

 ただ、バーブワイヤーの基本的なパターンとしては一発目のブレイクが成功する可能性が低く、ブレイクがダマシになったあとに仕掛けることを念頭に置いてトレードするほうが無駄に資産を減らさずに済むと考えられます。

 バーブワイヤーのより詳細な内容についてはブルックス本(プライスアクショントレード入門)にて記載されていますので、そちらをご確認ください。

 また、「ダブルの圧力」に関する概念や「コンビセットアップ足」などはボルマン本(FX5分足スキャルピング)にて掲載されていますので、気になる方はそちらを確認ください:

基本はトレンド方向への仕掛けを待つべき

 バーブワイヤーの有無に限らず、基本的には上位時間足や同時間足の過去のローソク足等で確認できる、トレンドの方向へのシグナルに対して仕掛けることがより高い勝率とリワードを得る最善の策だと考えます。

 今回は1回目のブレイクが上方向の例だけを示していますが、もしトレンドが下降トレンドである場合、バーブワイヤーの上抜けはこれから始まる下抜けへの前兆と見て買うのを控え、ブル派の仕掛けが失敗に終わったと見るやいなや売りを仕掛けるほうが得策と考えます。



コメント